2015年07月08日

語り継ぐ

11695784_882023738542932_3877369217724642546_n.jpg
先日、刈谷アイリスで
舞台「アドルフに告ぐ」を見た。
「息もつけぬ」とはまさにこのこと。
ヘトヘトになった。

これは
命を大切にしようというメッセージだ。
戦争はご免だという強いメッセージだ。

語り継いでくれる人たちがいるから思い出せる。
posted by こうまま at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。生の舞台のアドルフくん、すごい迫力だったでしょうね。


平和だったら、いい友達だったろうに。ちいさなカウフマンくんがお菓子を食べてカミルくんの口まねしてママに叱られるなんて、どこでもあることですしね。あと、峠夫人のドイツそうざい、わたしも作ってみたいなと。カウフマンくんの焼いたドイツ菓子やドイツパンってどんな味だろうと。撃ち合いよりも平和を訴えるのはやっぱり食。いじきたなしのざれ言をお許しください。
Posted by 孝行糖 at 2015年07月16日 18:56
迫力満点でしたよ~~~。
最近見た舞台では一番心が震えました。
(レミゼももちろん良かったですが)

いろいろ考えちゃいました。
ざっざっざって
足音が聞こえてくる感じがします。
ずっとずっと平和であることを願います。
Posted by こうまま at 2015年07月16日 20:43
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック