2015年09月06日

まちづくり

昨日のスタッフ研修
午前中は「まちづくりへの想い」と題して外部講師をお招きしてお話し頂き
午後は「強度行動障害研修」の伝達講習という2本立て。

午前中の講師でお越し頂いたのはこのお二人。
sK9-2.jpg
社会福祉法人新城福祉会 レインボーはうす 渡辺竜夫さん
NPO法人楽笑 理事長 小田泰久さん

スタッフ研修でこのお二人って、なんて贅沢なんでしょう!!
県のサビ管研修などでお世話になった方も多いかと。

実は、このお二人はこうくんの小学校低学年時代(嵐の時代?)を知る数少ない貴重な方達であったりします。
渡辺さんには小学1年生~2年生まで、養護学校でお世話になりました。
だから、私にとっては「渡辺先生」です。
そして、小田さんは、まだこうくんがヘルパーさんを使えなかった(無理だと断られていた)小学2年生の時に、フォーラム参加中の「託児」をしてくださった方です。

小田さんは、丁寧に地域ニーズを拾って、地元「三谷」の人たちと対話して一緒にまちづくりをされてきた方。
この10年、お隣の市で小田さんがされていることを素敵だなぁといつも思っていました。
「絶対に逃げないという意思と覚悟」という言葉がずし~んと響きました。

渡辺さんは、自分の考える「まちづくり」をお話ししてくださいました。
何度かお酒の席で伺っていて、それをスタッフにも是非聞いて欲しいと思ってお願いしたのですが
いや~、レアなお宝映像(やんちゃな頃や建設業時代の写真など)がいっぱい!!
「大人として扱うから大人になるのだ!」という言葉が印象的でした。

スタッフからは、「お二人の人としての魅力を感じた」という感想がたくさんでていました。
「まちづくり」って言葉は大きいけど、誰にでもできるし、一人ひとりにとっての「まちづくり」もある。
そんなことが伝わっていたらいいなぁ。

来月は、今回の研修を受けて「ゆうの考えるまちづくり」をみんなで考える研修をします。
小田さんや渡辺さんは、本当に大切なお話をしてくださいました。
それを無駄にしない様に、まちづくりワーク、頑張ります。
ありがとうございました!!!

posted by こうまま at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック