2016年02月14日

ありのままに自分らしく暮らす

本日、ゆうの地域生活支援フォーラム
「自分らしくありのままに暮らす」無事終了!!!
心地よい疲労感に包まれております・・・。

この三人の母にお話し頂きたい!!と決めてからすぐにお願いしてご了解を頂いて。
それからFacebookページを立ち上げて7か月
みなさんとコミュニケーションを取りながら迎えた今日のフォーラム。

講師のお三方には前日入りして頂きました。
宮城・大阪・香川から。
kurasu-1.jpg kurasu-2.jpg
週末は大荒れという予報でしたが、何とか小降りになってくれて、豊川稲荷をご案内することができました。
懇親会でざっくばらんにお話しができ、2部(座談会)の予行練習(?)ができました。
やっぱり、こーゆー空気感は大事です。

夜中は嵐でしたが、当日の朝になったら、奇跡的に雨が上がっていました。
晴れ男S田さんの威力です。スゴイ!!

会場準備。
kurasu-4.jpg
講師からばっちり見えるタイムタイマー。
必需品です。

控え室で打ち合わせ。
kurasu-7.jpg kurasu-3.jpg
通じ合える人たちとの会話「そう、そう。そこお願いします~~~」の図(笑)

1部はお一人35分ずつという申し訳ない時間だったのですが
みなさん、話し慣れている方達なので、きっちり時間通りにお話し下さいました。
もう、うっとり&うるうるなお話しでした。

kurasu-5.jpg
わいわいがやがやの控え室。
ここでのおしゃべりもとっても楽しかったです。

そして、2部。
会場のみなさんからのご質問にお応えしながらの1時間半。
kurasu-6.jpg
私は「聞き手」なので、トークはナシですが、交通整理役なので、脳みそはフル回転。
お三方がとってもステキに本音でお話ししてくださったので、会場もとってもいい雰囲気に包まれました。
フォーラム後、若いママたちから「ずっ~~~と聞いていたかった」「座談会、楽しかった」と感想をもらったので、良かったです。
ある支援者さんは「ブルドーザーで切り開いてくれた道を、誰でも歩けるようにするのが私たちの役割だね」と言って下さいました。

3部は理事長豊田から、ゆうの実践とこれからの挑戦について。
「ありのままに自分らしく暮らす」を実現するための挑戦。
トライ&エラーの出来る生活体験の場づくり。
期待が膨らみます。

今回のフォーラム
県外からのお申込ががとても多く天気が心配でしたが、無事に終わってホッとしています。

玲子さん、あづささん、まーさん
本当に遠くから来て下さってありがとうございました。
ママたちはとっても勇気をもらえたと思います。
私も
こうくんの母として
まだまだやるべきことが山のようにあると感じた1日でした。
やはり、実践あるのみ!!!ですね。


posted by こうまま at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック