2016年03月09日

ジェットコースターな午後

今日は午後から蒲郡で
めちゃくちゃ楽しみにしていた研修&シンポジウム。
hukuoka-2.jpg hukuoka-1.jpg
昨年2月にアメニティーフォーラムの相談支援セッションでご一緒させて頂いた福岡寿さん。
実は、3年前に「さぽーと」に掲載された福岡さんの記事に感銘をうけて、「保育所等訪問支援」を立ち上げました。
だから、福岡さんの保育園の巡回訪問のお話しが蒲郡で聞けるなんて、もう感激で。
企画して下さった鈴木さんにめちゃくちゃ感謝です。
もう、頷きすぎて首が痛くなりそうでした。
笑いすぎてお腹も痛かったけど(爆)
同じ星のもとにいる方だと確信しました。

hukuoka-3.jpg
180名の参加者。
相談支援専門員研修でしたが、保育士さんや行政の方も多く参加されていました。

で、後半はシンポジウム。
「児童発達支援センターの開設意義とその機能」
めちゃくちゃ興味のあるテーマです。
わくわくしながらお聞きしていたのですが
お話しが進むうちに、私は気分が悪くなり、吐き気とめまいがしてきました。
体調不良とかではありません。

蒲郡の第4期障害福祉計画には、きっちり「平成31年までに」「児童発達支援センター」を市内に整備することが明記されていました。
子ども・子育て支援事業計画にも「平成31年までに児童発達支援センターの整備」を進めると書いてありました。
そして、自立支援協議会の「こども部会」で「児童発達支援センターの設置に関すること」が協議されていました。

蒲郡の子育て支援課さんが「悲願の」児童発達支援センターとおっしゃったのを聴いて呆然としてしまいました。
蒲郡では、行政がきちんと幼児期の発達支援に関するニーズを把握し、児童発達支援センターの必要性と意義を理解して進めていこうとしていらっしゃる。

私は
「木を見て森を見ず」だったんだ。

ただ今、どん底。
立ち上がれるだろうか・・・
posted by こうまま at 21:46| Comment(6) | TrackBack(0) | オピニオン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
底なんですね。
私なんて、今回こうまま様がめまい吐き気息切れ動悸(そこまでは言ってない?)する分野に関しては始終底なので、もう見ないようにしています。

これは架空のおはなしです。
ある貧しい街には「幼児期の発達支援」なんてものの概念がなく(エンゼルプランに障害児の記述一切ない)、ほけんせんたーの妖精やほいくしょの妖精が困り果てていました。
意義に気が付いている妖精が何を言っても、この街では「ばっく」がないといかなる予算も出て来ないからです。
そこに物好きな魔女がやってきて、なにやら呪文を唱えると児童発達支援事業というものが現れました。
この魔女が出した児発事業は、手下の妖精も一生懸命おしごとをしたので、街の子どもがたくさん利用するようになったのです。
すると、魔女のところの妖精を、妖怪ジチタイが「お前んとこの魔女の呪文のせいで”予算”がいっぱいいるようになったじゃないか」といじめてしまいました。
手下をいじめられたことを知った魔女は怒って「本来だったらジチタイで担うべき話じゃないですか」と言い、児童発達支援事業を消してしまう呪文を唱えかけました。焦ったほけんせんたーの妖精が怒ったこともあったのか、妖怪ジチタイは魔女のところの妖精いじめを表向きにはやめたので、魔女も呪文を唱えるのをやめ、児童発達支援には変わらずたくさんの子どもたちがやってきました。
数年後、魔女が妖怪ジチタイに「あれから利用者がどんどん増えて公費もいっぱい増えてそうです。妖怪さんのところで責任をもってなさったらいかがですかという当初の話はどうなったのでしょう」と尋ねたところ、妖怪ジチタイが「冷静に考えたら、魔女さんのところで質の高い実践を提供したもらうほうが安上がりと気が付いたのです。だって児童発達支援って負担割合4分の1だし。周りのジチタイもみんな民間法人に指定管理する方向ですし」と返したので、魔女と手下の妖精は、自分たちの働きが報われているのか報われていないのかわからないままに日々を生きています。
魔女は「学習された無力感」という呪文を覚えたようですが、その先の呪文を知りたい気がする反面、これ以上は自分たちが考えることじゃないような気がしているようです。
Posted by ペンネ夫人 at 2016年03月10日 12:03
長々とすみません。
ちなみに上記のファンタジーですが、妖怪ジチタイは魔女の呪文で出てきた児童発達支援事業には一円も出資していません。(周辺ジチタイさんは民間法人にセンターを指定管理とかいう流れですが、妖怪ジチタイのところはあくまで一民間の魔女法人がジチタイの敷地内に偶然あるのでもう丸投げ、というところで魔女一門がなんだかなーと思っているので念のため)
Posted by ペンネ夫人 at 2016年03月10日 14:29
山のようにお返事を書きかけて、消しました(苦笑)

アホな魔女2号は、妖怪にいいように利用されちゃったんだな~って無力感にさいなまれています。
Posted by こうまま at 2016年03月10日 17:40
お返事みたかったです。
でも視覚化したら余計お疲れになるかもしれませんね。
魔女さんたちは時代のウン年先にいるのだろうと思います。うぉっちっち。
Posted by ペンネ夫人 at 2016年03月10日 20:46
いえいえ。すっきりすると思うのですが、妖怪の検閲があるのでめったなことは書けませんの(爆)
Posted by こうまま at 2016年03月10日 22:02
それは怖いーーー うぉっちっち!!
セレブでお上品なイメージをお守りになって!!!
Posted by ペンネ夫人@らららーんろろろーん at 2016年03月11日 09:36
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック