2016年05月29日

自閉症の特性をもちながら、その人らしく幸せに

今日はTEACCHプログラム研究会愛知県支部のセミナーでした。
teacch05-3.jpg
講師は名大医学部付属病院とよこはま発達クリニックの児童精神科医である宇野洋太先生。
昨年、つぼみ主催のセミナーで初めてお話しを伺ったのですが
ドクターとは思えない福祉的な視点と実践満載で感動したのを覚えています。

teacch05-1.jpg teacch05-2.jpg
私は受付を担当させて頂きました。
150名定員で、満員御礼。
非会員の方が多く、TEACCH用語集も配られました。
宇野先生が、そのことも踏まえ
TEACCHのコアバリュー「自閉症の方が自閉症の特性を持ちながら、その人らしく幸せに暮らしていく」ことを、先生ご自身のエピソードや事例をふんだんに出されて丁寧にお話ししてくださいました。
特に最後の「高3で行動障害が激しくなり入院した方が適切な支援によりお兄さんの結婚式に落ち着いてニコニコで参加できた事例」は、「高3で不適応を起こして退学したこうくんが適切な支援により穏やかに成人のお祝い会に参加出来たこと」を思い出し、泣きそうになりました。
「その方らしく参加する」ってどういうことか、そして、それがどれだけ貴重なことか。
私は身をもって体験したので、その大変さもわかるし、その重要性もわかります。
宇野先生には「この件について一晩先生と語り明かしたい」と言って大笑いされましたが、本気でそんな気持ちでした。
絶対わかり合える自信があります!(爆)

ゆうのスタッフも5名参加してくれていました。
あのステキな時間を一緒に共有出来たことはとても嬉しいことでした。
それぞれの部署に広げていって欲しいと思います。

で。
会場が刈谷だったので
もちろんドトールで一休み。
teacch05-4.jpg teacch05-5.jpg
アボカドとスモークサーモンと卵のミラノサンド。
日傘の感謝を込めて、美味しく頂きました。

帰宅したら、こうくんもめっちゃ良い子だったようです。
良い一日でした。
posted by こうまま at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438404456
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック