2007年08月06日

母、ようやくじいちゃんに認めてもらうの巻

昨日、暑そうなので散髪しました。
こう父がいる時じゃないと無理だし。

充電しながら例によってこうくんに予告。
【参考記事:ヘアカット♪
バリカンを自分の頭にあてたりして確認。
とってもイヤそう。



バリカンを充電器から外して、ガレージ(切る場所)に移動したら
こうくん、イキナリ庭の方へ走っていって、ばあちゃんの軽トラに乗り込み、籠城。

ははははは・・・
そうきましたか~。

外から、大好きなチョコチップクッキー(高級な方)とバリカンを見せたら、<よこせ~、でもあっち行け~>と葛藤してる(爆)

じいちゃんがその様子を見て
「バリカン見せたら、そら、おりてこんやろ~」というので
「納得して出てきてくれなかったら、切れないんだよ。
もう、押さえて切れないもん」

そう
昔はどうしようもなくて、ガムテープぐるぐる巻きで切ってた。
ほとんど虐待。
伝える手段がなかったあの頃は、どうにもならなかった。

今は、違う。
バリカン=散髪
は、分かっているんだ。
そして、その後にチョコチップがもらえることも分かってる。
だから、納得した上で動いて頂かないと。

私がドアを外から開けて誘い、
こうくんが中からドアを閉めて<あっちいけ~>
というのを繰り返していたのだけれど

10分ほど粘っていたら
なぁんと
自分からちゃんと下りてきて、
眉間にしわをよせながらガレージの椅子に座りました。

うはは
勝利♪

そうは言っても、散髪はもちろん嫌いなので
スリリングなバリカン回しで5分で仕上げる母。
後かたづけしながら母の腕を褒めまくるこう父。

じいちゃんは
「自分で下りてきやがったの~。」と感心しながら
「初めて、ワシの気に入ったように切ったのん」と。

そうですか。
初めてでしたかっっっ
そりゃ~良かったです。

ちなみに、ばあちゃんは「可愛そうで見とれん」と毎回どこかに逃げてます。

そう言えばこの間は足の爪切らせてもらうのにも30分かかりました。
自分から何度も足を出して、でも、怖くて引っ込めて、の繰り返し。
隣で見ていたこう父がイライラしまくりで、
「もう、押さえて切れ!!」って押さえたけど、無理。
押さえて切れる年齢じゃなくなっています。
でも、最後は観念して切らせてくれました。

無理矢理じゃなく、本人が納得した上で。
そういうことが
ひとつづつ、増えていくと良いな。




posted by こうまま at 20:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 子育て・子育ち | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちもついこの間、すっごく久しぶりに足の爪を切らせてもらいました。いやぁ・・・・8年ぶりぐらい?それまでは柔軟な体を駆使して自己処理してくれてたんで切る必要がなかったんよねぇ。で、やっぱり足を出しては引っ込め、出しては引っ込め・・。でも、無理やり押さえつけて強烈な蹴りを顔面に食らうよりは時間をかけてボチボチやったほうがお互いの為でしたわよ。
Posted by ちか at 2007年08月07日 11:54
こうままさんに触発されて、我が家でも散髪しました。息子も5分が限界。今日またやります。
爪切りは、寝てから切ってましたが、ベビー用爪きりを使って、やっと切らせてくれるようになりました。あの爪切りの形状では、「なにをされるのか判らなくてコワイ」のが、ベビー用はハサミ形なので、「ハサミ=切る」で納得できたみたいです。ベビー用でも充分きれますよ
Posted by ぽん at 2007年08月08日 05:30
◇ちかさん
ですよねぇぇ
時間をかければ納得してもらえるようになった事に、実は私自身が驚いていたりします。
そんな日が来るとは思ってもいませんでしたもの。

◇ぽんさん
はさみ=切るで納得できたのですね。
こういう視点が必要ですよね。
素晴らしい~。
こうくんは爪切りで切ることは分かっているのですが、それでもイヤなんですよね・・・。
ま、気長に慣れて頂くしかないです。
Posted by こうまま at 2007年08月08日 23:09
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック