2007年12月30日

おすすめ本

shuurouB1.jpg
久々に本を買いました。
一気に3冊。

「自閉症を持つ生徒のためのピラミッド教育アプローチ」
~特別支援に使える応用行動分析学ガイド~
アンディ・ボンディ&ベス・サルザーアザロフ 著
服巻繁 訳


PECSの開発者アンディ・ボンディ博士著の待望の訳本。
なぜか、まだ本家ピラミッドジャパンHPには載っていなかったのですが、フロム・ア・ビレッジにて購入しました。
学校の先生向けです。

で、そのフロムアビレッジで就労支援関連を2冊購入。
(パズル柄のキーホルダーも買っちゃいました)

「社会の中で働く自閉症者たち」
~ジョブコーチの支援による就労事例集~
NPO法人ジョブコーチネットワーク編
エンパワメント


アセスメントももちろんですが、ジョブマッチングとナチュラルサポートの重要性がとてもよくわかる本です。
これから就労を控えているお子さんをお持ちの保護者には、とても勉強になると思います。
専門用語はだいたい解説してあるし、字が大きくて、具体例ばっかりなので、わかりやすいです。

「働く自閉症者のための作業改善の工夫とアイディア」
~構造化で活かす一人一人の特性~
自閉症者就労支援技術研究会編
エンパワメント


一瞬、間違えて自立課題の事例集を注文してしまったかと思いました(笑)
shuurouB2.jpg
作成会に来ているママたちに、将来をイメージしてもらうのにはうってつけかも。
何で自立課題に私がこんなにこだわってるのかってのが伝わりそうだ~
年齢の高い子の「職業前課題」に利用できそうなアイディア満載なので、早速うちのディ・スタッフにもオススメしようと思います。
私もめらめら燃えてきたので、早速今から作ろうと思います。

授産施設や入所の日中活動などでは、当たり前に取り入れて欲しい内容ばかりでございます。








posted by こうまま at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・TV・映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック