2008年03月15日

たのしく遊んで感覚統合

yumi_coさんに教えて頂いた本。

tanokan1.jpg
「たのしく遊んで感覚統合~手づくりのあそび100~」
佐藤和美著・かもがわ出版・2000円

これは、めっちゃいいです。
何と言っても「難しい言葉がない」のがステキ。
前庭覚なんたら、なんてな単語は一切ございません(爆)
かわりに「びくびくさん」とか「ちょろちょろくん」という言葉で子どものタイプを7つの分けて説明しています。
そして、タイプ別に「なぜだろう」「どんなあそびがいい?」とその行動の原因と具体的な遊び方を提示してくださっています。

tanokan3.jpg
作り方や遊ばせ方もめっちゃ分かりやすく具体的に書いてあります。

感覚統合
いいとわかっていても、入力検査して個別計画立てて実践してくださる専門家はとても少ないです。
ザ・職人芸では、恩恵をうける子どもは少ないのです。
感覚統合が療育現場で取り入れやすく効果の上がるものだとしたときに(私はそう思っています)こういった根拠もしっかり書いて下さっている上でフツーの人でもすぐに実行できる例が山盛りという本は素晴らしいです。

tanokan2.jpg
魅力的な手作り教材見ると、つい形から入っちゃいそうですよね。
でも、そこには、ちゃんとしたエビデンスがあるわけですよ。
何となく良さそう、じゃなくて。
それをか~んたんにわかりやすく説明して下さっています。

療育施設や保育園だけでなく、ご家庭で簡単に作れる物もあります。
家でやる場合、トランポリンとかブランコとかハンモックとかコロつき板で十分代用できます。
布団も大活躍しそうですねぇ(爆)
いつも遊びで何となくやってたことを、目的意識もってやるってスゴイかも。

赤丸オススメです。


posted by こうまま at 21:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 本・TV・映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
完全に乗り遅れてしまいましたが、こうくん、ご卒業おめでとうございます。ご家族の皆様もおめでとうございます。

当日は参加できませんでしたが、速攻でUPされていたブログ記事にくぎ付けでした。とてもステキな卒業式でしたね。小学部から中学部へとこのステキな支援も引き継いでくれますように♪

さて、お手に取られましたね♪
「たのしくあそんで感覚統合」
難しいことばがないのに、ちゃんと根拠があるところがすばらしいですよね。

私はこの土日、名張でばっちりPECSの研修を受け、きちんとしたプログラムを学んできました。やっぱり、根拠と実績が大切ですね。勘を職人芸にしないためにも。

やっと、PECSチームに仲間いりです。
(それにしても、名張は遠かった。。。隣の県だと思って甘くみてました。。車でいくんじゃなかった。。。帰りは渋滞にはまって5時間かかりました(泣))
Posted by yumi_co at 2008年03月17日 23:00
はい!
とっても素敵な卒業式でした。
どの子もその子らしい参加の仕方ができた、と思います。
こうくんも、めっちゃカッコ良かったんですよ~~~おほほ♪

この本、一気読みして速攻でディののんたんちゃんに進呈しました。
なので、すぐにうちのディでも形になると思います(爆)

ザ・PECSチームへようこそ!!
っていうか
まさか名張まで車で行かれたとは・・・
恐るべし。
お疲れ様でした!!

Posted by こうまま at 2008年03月18日 10:01
もー、読んでる本がほんとうにかぶってます。(笑)
Posted by 一本釣り。 at 2008年06月05日 20:57
ははは・・。
いいですよね、この本。
めっちゃ使えます。
Posted by こうまま at 2008年06月05日 23:31
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック