しゃべりまくりますとも!!!

ゆうの会報「ゆうゆう通信」9月号に、相模原の事件に関する追悼文を載せた。 今日、それを見たばあちゃんが 「おまえはこういうのを講演したほうがいい。」と言った。 「ものすごく育てるのに難儀したこうくんが、今は見事に働く大人になっていて、こうくんのおかげで自分が変わった事をそこらじゅうでしゃべったほうがいい」と。 どうやらばあちゃんはキャラバンしか見たことがなかったので、私が疑似体験ばっかやってると思っていたらしい。 でも、やっぱりそうだよね。 こうくんのこと話しません宣言を撤回して良かった。 ばあちゃん、ありがとう。 こうくんが幸せな大人になっていることや 周囲を幸せにしてくれていることを 私はしゃべりまくるからね!!!!

続きを読む

中日新聞にも

本日の中日新聞東三河版に 28日の強度行動障害支援者養成研修の記事が載りました。 我が家は西三河なので、うちの新聞では読めなかったのですが 事務局ノリ姐が事務所に持って来てくれました。感謝♪ 講師のみなさん、お疲れ様でした。 受講生の皆さん、現場でどんどん活かして下さいね。

続きを読む

先生と保護者の上手な合理的配慮のすすめ方

相模原の悲しい事件から今日でちょうど1か月。 市民祭り(手筒祭り)開催中の豊川で、つぼみプロジェクト部主催(NPO法人ゆう運営協力)のセミナーを開催しました。   副理事長のSAYOちゃん(受付担当)と事務局長のノリ姐(会計担当) そして、後ろの方で講師と話しながら機器の設定をしているのが理事長とよっち(会場設営担当) NPO法人ゆう事務局が全面協力させていただきました。 今日のお題は「先生と保護者の上手な合理的配慮のすすめ方」 モンペになることなく、学校での子どもの学ぶ権利を護るにはどうしたらいいのか・・・大きな課題ですよね。   講師は星槎(せいさ)名古屋中学校のカウンセラー 藤田優里香先生(教諭でもあります) 企画発案者は豊川市在住のプロジェクトメンバー横山さん。 荻野からは、千葉の袖ヶ浦の事件をきっかっけに発足したつぼみプロジェクト部についてご紹介させていただき、横山さんからは企画意図やを思いを話して頂き、藤田先生へ。 とってもカワイイ声で、テンポ良くお話しされる先生です。 藤田先生、「障害者差別解消法」のリーフレットを会場であるとよかわボランティアセンターの受付でゲットしてご紹介くださいました。 感謝デス。 更に、内閣府や文科省のHPから「合理的配慮」の依頼までこぎつけるまでの流れも教えて下さいました。 今困っている親御さんにとって、とても有意義な情報になったと思います。 そして 実際に、星槎中で行われている「合理的配慮」の実例をた…

続きを読む

考え直しました

とてもとても辛い事件があって ここ数日はネットもTVもニュースは見ないようにして過ごしていましたが 昨日は、明石洋子さんからお誘い頂いて久しぶりに東京へ行ってきました。 権利擁護の勉強会「大門明石塾」が新たに「ネットワークかみひこうき」としてスタートするキックオフの公開セミナーです。 この状況での、障害のある方の権利擁護を考える勉強会なので ココロに鉛の玉がいっぱい入ったような気持ちのまま 足取り重く東京へ向かいました。 第一回 ネットワークかみひこうき 公開講座 【鼎談】 「差別解消法の施行を踏まえて~親亡き後、我が子が地域で暮らすためには~」 野澤和弘氏(毎日新聞 論説委員) 大塚晃氏(上智大学人間学部社会福祉学科教授) 明石洋子氏(おおぞら共生会副理事長 ネットワークかみひこうき副代表) 3人とも、障がい児の親。 そして、障害福祉のために精力的に献身的に努力してくださっている方達です。 かみひこうきとは・・ 大塚さんが 私が今最も関心を持っている「意思の表明」が困難である場合の「意思決定支援」のプロセスをさらっと話されたので「ちょっと待ったぁぁぁぁ~~~。もっと聞かせてぇぇぇ~~~」 質問タイムで明石さんが「遠くから来たこうままさんに」と振ってくださったので、そこを質問させて頂き、補足して頂いたのですが、本人中心の支援計画の中に位置づけて・・・となって、相談支援専門員としても、もっと掘り下げてお話しして頂きたい~~と、更に強く思…

続きを読む

話題の・・

最近話題のポケモンGO 私は携帯ゲームは全くしたことがないのですが どういうモノかを知りたかったので、こう父とフォンに設定してもらいました。 が 残念なことに自宅近辺には全くいなかったので使い方がわからず放置。 でも、さすが名古屋 昨夜のカラオケルームに2匹いたので、捕獲のしかたを教えてもらいました。 Mさんの歌う「ポケモンげっとだぜぇぇぇぇ~♪」をBGMに、初ポケモンをゲット致しました!! 電車の中でもできるし、自宅に帰るまでに10匹もゲットしました。 おもしろいですねぇぇぇ 歩きスマホをする必要は全くないことも確認できました。 なので、方向音痴のわたしでも全然ダイジョブ!! ぶるっとしたら慌てず、騒がず、道の端によって危険のないとこでゲットすればいいわけなので。 取りあえずボールがなくなるまで遊んでみます。 私「なくなったら終わり」の人なので。 家の周りにはほんとに、ま~~ったく何もいませんぜ。

続きを読む

スーパー又村塾@つぼみプロジェクト部

昨日は濃くて充実した1日でございました。 つぼみプロジェクト部企画のセミナー   まずは、いつものようにチェックインしてから開始。 受付には寄付のジンジャーエールも。   「どう使う?障害者差別解消法~法律の概要と活用のポイント~」 このテーマで全国ですでに200回以上も講演されているという又村あおいさん。 制度のできてきた背景や概要説明のわかりやすさはおそらく右に出る方はいらっしゃらないのでは?と感じます。 合理的配慮の説明の中で、アセスメントの重要性とPDCAサイクルを回していくことの必要性までお話ししてくださいました。 この法律を根拠に アセスメントと計画のない教育や支援なんてNGなのだと言えるようになるといいな~。 建設的対話についてもよく語られてくるようになってきました。 その単語は知らなくてもずっと意識してやってきたことですが、又村さんのお話を伺って、お互いの利益を探りながら、その時出来る精一杯のことは何かを常に考えてすすめていく必要があることを再確認出来ました。 今できるベターインタレストを探せ!!って感じかな~ プロジェクト部メンバーから提供された事例(中学校における合理的配慮の不提供事例)を紐解きながら 障害者背別解消法が使えそうな場面も少しだけイメージできました。 まだまだ勉強が必要ですが。 そして、法律では解決できない部分も浮き彫りになり 私たちがまさに今必死で取り組んでいることも大事なのだと確信することも出来ました。…

続きを読む

合理的配慮の求め方

8月のつぼみプロジェクト部の企画は ナント豊川での開催で、合理的配慮に関する教育セミナーです。 NPO法人ゆうも運営協力しています。 親御さんも先生も福祉関係者も教育委員会の方も行政の方もどなたでも参加出来ますので是非どうぞ~。 【教育セミナー】みんなで考えよう 先生と保護者の上手な合理的配慮のはじめ方 4月から始まった障害者差別解消法。学校等で合理的配慮を求められるようになりました。「でも、どうやって始めるの?」「誰に話せばいいの?」「うまく伝えられるかしら」といった心配や疑問をよく聞きます。 今回は、星槎名古屋中学校でカウンセラーをされている藤田優里香先生をお招きして、支援の現状、実際に行われている支援の紹介等をお話していただきます。 事例検討やロールプレイ(役割を決めての対話)も行い、実践的に先生と保護者、みんなで考えます。そしてはじめましょう。子どもたちのための合理的配慮を! ・日時:2016年8月27日(土)  13時半〜16時 受付開始13時 ・会場:とよかわボランティア・市民活動センタープリオ (住所:豊川市諏訪3丁目300番地 豊川プリオ4階) (アクセス:電車:名鉄諏訪町駅より徒歩5分 バス:豊川体育館前下車) ・対象:保護者・先生・支援者など、どなたでもご参加できます ・参加費:500円 *愛知県自閉症協会会員は無料です*  ・定員:50名 ・申込方法:こくちーずからお申し込みください。 申込期限:8月19日 http://k…

続きを読む

国民の1人として

本日、参議院選挙。 我が家は家族全員分の6枚の入場整理券が届きました。 公職選挙法の改正で、18才以上の方が投票できるようになりましたが なんと「18才未満の子どもは投票所内に同行してもOK」になったのだそうです。 知りませんでした。 これまでは、乳幼児など仕方ない場合を除いては、子どもは入り口で待機でした。 全ての年代の人が投票所に行けるのですね。 これは、すごくいいことだと思います。 投票行動が習慣になりますよね。 なので、どしどし子ども達を連れて行って、話題にしたらいいと思います。 数年後には、きっと投票率、上がると思います。 そして 障害者差別解消法が施行されて 投票所でも「合理的配慮」が実践されているようです。 指さした候補者を選管の方が代筆して下さったり、わかりやすく説明してくださったという方の記事がいっぱい流れてきています。 いいことですよね。 障害のある方も、行ける方はガンガン投票に行って 「障害者の声、無視できない」って思ってもらいたいモノです。 こうくんの整理券だけが残りました。 こうくん プットインは出来るから、練習すれば投票行動は出来るようになるかも知れないけど 候補者も政党も選ぶことが出来ないから、投票することは出来ません。 重度障害者のこころの声は どうしたら国政に届くのでしょうか。 こうくんも、国民の1人なのに。

続きを読む

無知の知

先人への感謝の気持ちを忘れてはいけない 他職種へのリスペクトを欠いてはいけない 無知だからと許されることではない 少しでも実践があれば 恥ずかしくて口に出来ないことを 軽々と言えてしまう無知は暴力だ EU離脱で イギリスの若者が電車の中で「アフリカへ帰れ」と暴言を吐いたという記事を読んで 無知は本当に怖いと思った

続きを読む

ステキな家族のかたち~溝井家編~

川越の溝井さんちに行ってきました。 溝井さんとはネットで知り合って、明石洋子さんつながりでこれまでイベントやセミナーでご家族とお会いする機会が何回かありました。 ママは埼玉の「チューリップ元気の会」の理事長さんで、3年前の明石さんのお祝い会で一緒に司会を担当した仲でもあります。 お子さんお二人に発達障害があって、お兄ちゃんがカナダに留学して、そのまま現地で就職し、弟さんは福祉事業所に通所しはじめたと思っていたのですが、ナント、去年、イキナリ川越に兄のお店&弟の工房OPENの展開。 ご主人も退職し、どうやら家族4人で工房とお店をやってるみたい。 しかも、最近古民家を改築して民宿を始める模様。 なんてステキなの。ビックリだわ。そんなのアリ??? 一体いつから計画していたの?? どうしたらそんなことできるの?って ずっと気になっていました。 お店&工房は、川越駅からぶらぶらと歩いてお菓子横町から数分の川沿いにありました。 カナディアンバー&レストラン 織り工房「英」 1階がお店になっていて、オーナーのお兄ちゃんがカナダのことをイロイロ教えてくれます。 カナダのお寿司屋さんでお仕事をしていたそうです。 アメリカでよく使っていたメーカーのケチャップやマスタードが置いてあって、何か懐かしい(笑) 雰囲気がとってもいいです。 お店の一角に、弟さんの作品が並んでいます。 2階がさをり織りの工房になっていました。 私が伺った時間帯は、すでに工房は終了して…

続きを読む

プロジェクト部、始動です!

今年度最初の企画会議でした。 今年もプロジェクト部盛りだくさんになりそうです。 楽しみな企画が進行中♪ 現在決定しているものは下記です。 是非、ご予定下さいね♪ 7月2日 吉川徹先生の大好評「医療セミナー」 7月23日 又村あおいさんの「差別解消法」に関するセミナー(実は翌日は豊川でも!) 近くなりましたら時間や場所などお知らせしていきたいと思います。 是非、一緒に学びましょう♪ 今日は企画会義後に、ゴーカにも青木文子さんによる「成年後見制度利用促進法」の解説。 相変わらず、切れ味さわやか! 良い形で運用されていくといいなぁと思います。 まだまだ勉強しないと、何もわかってないな~と感じます。

続きを読む

ジェットコースターな午後

今日は午後から蒲郡で めちゃくちゃ楽しみにしていた研修&シンポジウム。   昨年2月にアメニティーフォーラムの相談支援セッションでご一緒させて頂いた福岡寿さん。 実は、3年前に「さぽーと」に掲載された福岡さんの記事に感銘をうけて、「保育所等訪問支援」を立ち上げました。 だから、福岡さんの保育園の巡回訪問のお話しが蒲郡で聞けるなんて、もう感激で。 企画して下さった鈴木さんにめちゃくちゃ感謝です。 もう、頷きすぎて首が痛くなりそうでした。 笑いすぎてお腹も痛かったけど(爆) 同じ星のもとにいる方だと確信しました。 180名の参加者。 相談支援専門員研修でしたが、保育士さんや行政の方も多く参加されていました。 で、後半はシンポジウム。 「児童発達支援センターの開設意義とその機能」 めちゃくちゃ興味のあるテーマです。 わくわくしながらお聞きしていたのですが お話しが進むうちに、私は気分が悪くなり、吐き気とめまいがしてきました。 体調不良とかではありません。 蒲郡の第4期障害福祉計画には、きっちり「平成31年までに」「児童発達支援センター」を市内に整備することが明記されていました。 子ども・子育て支援事業計画にも「平成31年までに児童発達支援センターの整備」を進めると書いてありました。 そして、自立支援協議会の「こども部会」で「児童発達支援センターの設置に関すること」が協議されていました。 蒲郡の子育て支援課さんが「悲願の」児童発達支援センターと…

続きを読む

おもてなし♪

今日は、豊川商工会議所女性会30周年記念式典&祝賀会でした。 ゆうの監事でもある神谷典江会長が「手作りのおもてなし」にこだわって準備をしてきた30周年記念式典。   山脇市長、竹本副市長をはじめ、たくさんの来賓の方や県内の女性会の方々をお迎えし オープニングセレモニーは陸上自衛隊豊川駐屯地のらっぱ隊。 とっても豊川らしいおもてなしになったと思います。   女性会なので、今日はいなりんではなくて、いなりこちゃん(?)がお出迎え。 初めて会いました。 そして、女性会30周年記念限定のジェラート「叶」 叶(かなう)の酒粕で作ってあります。   祝賀会。 神谷会長のあでやかな着物姿。(めっちゃ体調悪かったのに、お疲れ様でした)   お食事がめちゃめちゃ美味しかったので、お越し下さった方々も「満足♪」という感じでした。 やっぱり、お料理が美味しいというのは、最重要ポイントですよね。 ジェラートの宣伝に来たキャサリン。 女性会にちなんで、「朝が来た」の主題歌を見事に歌い上げ、会場の女性たちのココロをわしづかみにしておりました。 メンバーさんも一緒にきていて、チラシ配ってました。 ぬぉぉぉぉぉ・・・ ゆうも早くこうゆ~とこに利用者さんと一緒に宣伝に来られるようになりたい。(じぇらしぃ~) おみやげは女性会会員手作り(!!!)のいなりんペーパーウェイト。 窓口やカウンターのチラシ押さえなどに最適かと。 女性がどんどん活躍できる時代…

続きを読む

合理的配慮の不提供は差別になります

昨日の中日新聞 めっちゃ大きく4月から施行される障害者差別解消法について特集してくださっています。 とってもわかりやすい解説なので、この法律についてあまり知らないわ~という方、必読です。 まだネットには上がっていないので出たらリンク貼ります) そして、良く知っている方は「こういう風に伝えるとわかりやすい」の典型例だと思うので、いっぱい活用しましょう!! 私もいっぱいコピーしておきたいと思います。 中日新聞さん、ありがとうございます!!!

続きを読む

地域医療との連携

今日は、地元の病院の「学術発表会」のご案内を頂いたので 訪問チーム(訪問支援員&相談支援専門員)4名で参加してきました。 院内発表でしたが、テーマが「地域連携」だったので、お声がけいただきました。 開催数日前のご案内で、しかも土曜日だったのですが、興味のあるテーマだったので、「これ、私行くけど、行く?」って聞いたら全員が「行く!!」って(笑) でも、みんな土曜日の予定はぎっしりだったから、現地集合現地速効解散。 やっぱり、訪問チームは普段から動きまくってるからフットワークが軽くていい♪   STさんやOTさんがが学校訪問してお子さんだけでなく親御さんへの支援をしていたり 障害者就労支援センターと協力して復職の支援をされていたり とってもステキな実践をされていました。 院長が「ジョブコーチってどういう資格?」って質問されてました。 そうですよねぇぇぇぇ~~~ 医療が出来ること(医療にしかできないこと) 福祉が出来ること(福祉が得意なこと) それぞれの強みを活かして協力し合えるといいなぁと思います。 そうそう。「障害者差別解消法」についても話題にされていました。 いい病院だ~。

続きを読む

豊川は子育て支援が充実するらしい

西三河に住んでいるので、中日新聞「東三河版」は読めない私。 不覚にも 1か月も前に こんな記事が載っていたことを今日知りました。 4月から 豊川市は 「子ども健康部」が新設されて、「子育て支援課」と「保育課」ができて、子育て支援が「充実」するんだそうです。 それは素晴らしいことです!!! 日本の人口、遂に減っちゃったらしいので、強化しないといけないですものね。 記事を読んで、親子通園であるひまわり園(市の指定管理でゆうが受託しています)は「子育て支援課」の管轄になるのかなって思って、市に確認したら、「少なくとも平成28年度は福祉部福祉課の管轄」だそうです。 ひまわり園では、日々、スタッフが、子育て支援に励んでいます。 ひまわり園が子育て支援の枠組みに入れてもらる日が早く来ますように。

続きを読む

成人式

本日、岡崎市主催の「成人式」です。 市一斉に岡崎中央総合公園の武道館で行われます。 岡崎は雲一つない青空です。 新成人の皆様、おめでとうございます。 まさに「晴れの日」になって良かったです。 こんなに穏やかに晴れ晴れとした気持ちでこの「成人式」の日を迎えられるとは思ってもいませんでした。 きっと、成人式に行けないことが悲しかったり、行ける人が羨ましかったりして、その日のニュースとか見ないんだろうなって思ってました。(保育園バスとかランドセルとか見るのすごく悲しくて辛かったから) でも 全然そんなことありませんでした。 こうくんが落ち着いて成人の日を迎えていることが一番有り難いことですが 親族にお祝いしてもらえたことも嬉しかったし 社会人として初の新年会にも行けたし。 「どーや」ではスーツを着て写真を撮る練習?をしてくれているみたいです。 明日の「成人の日」はヘルパーさんとお出かけなのですが ちょっと大人っぽい外出?を計画してくださっています。(誕生日前なので飲酒はしませんよ。笑) いっぱい辛い思いもして いっぱい泣いたけど こうくんが幸せな大人になってくれればいい 最後に笑えばいいんだ そう思ってここ数年やってきました。 こうくんらしい、成人の日を迎えることができそうです。

続きを読む

岡崎市政だよりに載りました!!

9月のキャラバン公演の時に取材を受けた記事が掲載されました!! 掲載されたのは 岡崎市政だより11月1日号 平成29年4月に「こども発達センター」がオープンするということで 発達障害や子どもの発達サポート関連でな~んと巻頭10ページの特集。 すごいですねぇぇぇ・・・。 全部お読みになりたい方はこちらをどうそ→岡崎市政だより11月号 豊橋は「ほいっぷ」だけど、岡崎はなんていう名称になるのかな~。 私たちの記事は見開き2ページ!! 年齢がばっちり載っていました(爆) こうくんのことも書いていただきました。 やっぱ、こうくんはこの写真だよね(爆) キャラバン公演の内容も丁寧に書いていただき感謝です。 岡崎の子ども発達センターは医療・支援・相談の3つのセンターでお子さんの発達を総合的にサポートしていくとのこと。 いいセンターになるといいですね。

続きを読む

走れトーマス!!

放課後ディで大人気のトーマスのおもちゃが壊れてしまい、スタッフみぽりんが分解して直したら動く様にはなったけど、坂道をゆっくり降りれなくて、不具合があるとのこと。 「ご主人、直せますか?」と聞くので 「さ~。元の状態がどうゆ~のかわからないで直せるのかわかんないけど、取りあえず、見てもらうね。」 とレールも含めて一式持ち帰ってきた。 こう父 壊れているとされる車両を持って、ひっくり返してスイッチを入れ、5秒で「ああ、外れてるね。うん。わかったよ」と。 えええええええっっっっ。 あなたって天才。 ハンダ付けすればすぐに直るらしいので、良かった~と思ってお風呂入って出てきたら、あれ?まだ修理中? 「原因は5秒でわかっても、直すのにはやっぱ時間がかかるものなんだね」と聞いたら 「いや、すぐ直ったんだけど、手が滑って床に落としてバラバラになっちゃって。組み立て直してるんだけど、構造がイマイチよくわっから~ん」と。 おちゃめだわぁ~。 で、10分くらい格闘してましたが、無事直って 「良く出来てるな~」と感心しながらトーマスで遊んでます。 遊びすぎて電池が弱って走りが悪くなってきたので、電池交換もしてくれました。 やっさし~い♪ これで、週明けから子どもたちが遊べます。 動作確認の動画(ホント、良く出来てるおもちゃです。)

続きを読む