「医療セミナー」大成功!!!!

本日、つぼみプロジェクト部企画の「医療セミナー」 ~医療と上手に付き合う方法~自閉症に対して医療は何が出来るのか~ 午前中は定例会もありました。 教育班・交流班・権利擁護班から現況報告と今後の動きなどについて説明させていただきました。 今日も初めましての方がいっぱい!! 児童精神科ドクターや自閉症療育を学ばれている学生さんとか 帰国したての自閉症のお子さんのママとか いろいろな方面の方が参加して下さったので 視野が広く持てるミーティングになりました。 午後からセミナー。 この医療セミナーは、カイパパが今年の初め頃から温めていた企画です。 事前申し込みで定員いっぱいになったので、当日参加はお受けできない状況でした。   最初に吉川先生から40分ほどで話題提供。 自閉症の原因や診断、お薬のこと、医療とのお付き合いの仕方などをお話し下さいました。 「自閉症に関係する遺伝子がいっぱい存在する事実と自閉症が遺伝するかどうかは別の話」というのは、そりゃそうだよなと妙に納得してしまいました。 こうくんは28週の早産で極小未熟児だったから、原因についてはいろいろ気になって、寝る時間削ってネットしてたな~なんてことを懐かしく思い出したりしてました。 休憩をはさんで、いよいよカイパパ&吉川先生の対談形式のQ&A. 準備段階からものすごく刺激的な内容になりそうな予感がしていたので、ドキドキでした。   事前に皆さんから頂いた質問に当日会場で書いてもらった質問も…

続きを読む

学習支援員・補助員向け研修のご案内

全国LD親の会主催の研修会のご案内です。 学校でお手伝いされている支援員さんだけでなく、学校の先生方や放課後ディのスタッフさんにもとてもいい内容のプログラムです。 講師は特別支援教育士スーパーバイザー(これ、取得するのがめっちゃ大変な資格です)の先生方が中心です。 2日間みっちりなので、実り多い学びになると思います。 ご興味のある方は是非どうぞ。 ちらし ボランティア支援員養成講座(名古屋).pdf プログラム ボランティア支援員養成講座(名古屋).pdf 申込書 ボランティア支援員養成講座(名古屋).xls 豊川の小学校に入ってくださっている学習支援員さんは、5月に簡単な研修があっただけで、このレベルのセミナーは受けていない方が殆どだと思うので、関係するお母様方、是非、ピンポイントで支援員さんたちにご紹介下さい!!

続きを読む

青年期・成人期の自閉症支援

今日は、先月に引き続きTEACCH研主催のセミナーに参加。 講師はおしまコロニーで強度行動障害の方達を支援されてきた寺尾先生(現在は川崎医療福祉大) 「1995年」と表示された動画を見せていただきました。 カセットテープとか出てくるホントに古い動画なのですが 見事に構造化されていて、ワークシステムが機能している施設内の様子を見て 「こうくんが生まれる前に、もうここまでちゃんと行動障害のある方への支援が出来ていたのに、どうして今もまだ適切な支援が広がらず、千葉のような事件が起こってしまうのか???」と思ってしまいました。 同じ「強度行動障害の方の入所施設」で、あまりにも違いすぎる・・・・。 寺尾先生は繰り返し 「行動障害は本人のせいではない。未学習と誤学習のせい。親に育て方をガイダンスしてこなかった専門家や支援者のせい」と強調されていました。 「いくら早期に診断がついても、育て方を教えてくれなかったら意味がない」とも。 本当にそうだと思います。 今の学校教育における配慮のなさ、教育方法の未確立も指摘されていました。 行動障害の兆候は3歳頃にはもうあるのだそうで、知的に重い自閉症で「衝動性・多動・こだわりの強さ」などが顕著な場合は、思春期に行動障害を起こしやすいのだそうです。 (なるほど。こうくんは起こしやすいタイプど真ん中のお子様だったんだな~。) で、そうならないために、幼児期からの支援が大事なのだと。 (療育機関だけでなく、学校教育も相当に頑張ってほしいなぁ…

続きを読む

やっぱり諏訪せんせい♪

昨日は、久しぶりに諏訪先生のセミナーに参加。 有り難い事に、愛知では諏訪先生のセミナーは毎年あるのですが 毎回大人気のためここ数年は、新人に席を譲っていました。 でもでもでも 今年母子通園園長のワタクシ 初心に返ってしっかりお聞きしたいと思い 「定員オーバーで参加不可ってメールが来ました~~~(泣)」のスタッフに申し訳ないと思いつつ、参加させていただきました。(ごめんね、Hさん・・・・) 結果 参加して本当に本当に良かったです。 頭の中が整理できて 自分の課題が見えてきました ついでに 法人内での課題も見えてきました。 諏訪先生、本当に有り難うございました。 学びたい方は毎年TEACCHプログラム研究会愛知県支部、または愛知県自閉症協会(つぼみの会)、あいち発達支援センター等の主催・共催で開催されていますので、是非どうぞ。 (つぼみの会主催の成人施設職員向け連続講座はまだ空きがあるようです。) セミナーの内容は控えますが(特性理解と評価の重要性とワークという盛りだくさんな内容でした) 心に残った諏訪先生の言葉を備忘録がてら少しシェアします。 そうだ、そうだ~~~と叫んでしまいそうな言葉 そうだった・・・とはっとする言葉 先生の言葉から多くの気づきと勇気がもらえます。 (以下、諏訪先生の許可を頂いていないので、コピー&転載はご遠慮下さいませ。) 日本における高機能の人たちへの支援は 方法論のみが広がっていて、根本が伝わっていない。…

続きを読む

みあい養護学校PP団参上!!

昨日は久しぶりに愛知J☆sKep研究会の定例会に参加してきました。 ウワサ(?)のPP団がタブレット端末の活用方法を教えてくれるというので。 ゆうのスタッフも7名参加させていただきました。 ところで、PP団とは? 何の略か知りませんが(スミマセン・・・・) みあい養護学校(愛知県岡崎市)の有志の先生方15名程度で組織してるプロジェクトチームです。 障害のある子どもたちのコミュニケーション支援に携帯端末やタブレット端末を上手に活用していくための研究や教材作成や啓発活動などをされています。(違ってたら訂正するので教えてください) たしか数年前に孫社長がツイッターでつぶやいて実現した「魔法のじゅうたんプロジェクト」(障害を持つ子どものためのモバイル端末供養事例研究)というのがあって、それにも採択されて参加されてました。 学校内では、「学習支援」「生活支援」「支援ツール」「余暇利用」の4つの分野でiPadやiPod touchが導入されているそうで、子どもたちがガンガン使いまくっている動画が紹介されていました。 なんでも、みあい養護学校小学部の92%の生徒がアイコン選択ができるのだそうです。 すごいですねぇぇぇ~~~~。   そんなPP団のみなさんが、おそろいのハッピで練り歩いて熱く指導してくださいました。 PP電気の店員じゃありません。正真正銘、みあい養護学校の先生方です。 マニュアルに沿って操作するSAYOちゃんととよっち 私は持参したiPad…

続きを読む

行動援護ハウス!

昨日は久しぶりにつぼみの会父親部主催のセミナーに参加。 4年前、むそうの戸枝さんが国交省の推進事業で行動援護対象者向けのホームを作るとお聞きして、いてもたってもいられず、東京やら奈良やらまで出かけて勉強させてもらっていました。 東京では小林信篤先生や山口久美さんなどから1人1人に合わせたお部屋にしていくまでの過程を教わり 奈良ではセキスイさんの巨大なショールーム施設(?)で「人に合わせた住環境」をたくさん見せていただきました。 ホームを作ると手を挙げた事業所でのアセスメントの様子や改修の図面なども見せていただきました。 そして、各地でモデルとなる「行動援護ハウス」が作られました。 その過程をずっと見て来ました。 2009年「ビバ・セキスイ」 2010年「行動援護環境研究会キックオフ」 2011年「各法人で3~4人」 アメリカから帰国した12年前 住むことになった主人の実家は古い純日本家屋。 こうくんにとってはあまりにもキケンが一杯で 常に見張っていないとエライコトになってしまうので このままではとても生活できないと判断し 「こうくん、やれるもんならやってみろ2LDK」の増築をした我が家。 キッチンは鍵付きのセミクローズド 窓には鍵付き木の格子 ロッカーや棚はことごとくビルトインで鍵付き テーブルも固定・・・ この2LDKのおかげで わたしたち家族は何とか暮らしてくることができたし こうくんも、いろいろ学べたのです。 ハードは本当に大事です。…

続きを読む

行動援護授業者研修のお知らせ

6月に豊川で行動援護従業者研修があります。 3日間の研修ですが、初日の疑似体験&障害特性の部分を公開講座にしていただくことができました。 さぽちたさん、感謝デス!! 行動援護の資格はいらないけど、自閉症の障害特性や支援について学びたい方 3日は無理だけど1日なら参加できるという方 是非、ご参加下さい。 どなたでも参加できます。 受講費も破格の安さです!! (本講座は2万円ですがナント1000円です。テキスト込みでも3000円!) 行動援護豊川公開講座チラシ.pdf もちろん、3日間の本講座も参加者募集中デス。 行動援護を提供できるヘルパーさんが増えて欲しいと心から願っています。 障害特性を理解し、強みを活かして支援できる人が増え絵欲しいと心から思います。 行動援護本講座チラシ.pdf

続きを読む

自己認知支援

昨日、名古屋で開催されたセミナー 講師は、北海道教育大学旭川校の安達潤先生。 テーマは『ASDの自己認知支援』 ずっとお話しを伺いたいと思っていた先生だった上に 今、ゆうの放課後ディに来ている高機能グループの子どもたちが直面している課題でもあったので スタッフ3人と一緒に参加してきました。 とてもとても納得できるお話しでした。 「告知」 じゃなくて 「自己認知支援」 うん、その通り。 私は「告知」という表現にずっと違和感を持っていて、使うのがすごくキライでした。 だって 告知だと診断名を告げるだけになっちゃう。 それじゃ、何も解決しないどころか、辛いだけ。 自分ってみんなとちょっと違うとこがあって、 いいところも悪いとこもある。 でも、こんな風に工夫したら何とかなるんだ。 だから、何とかサバイバルしながら頑張っていこう。 みたいな。 そんな風に思えるように伝えられるのなら「告知」してもいいけど、そうできないならする意味がわからないと感じていました。 そして、そんな風に思える様に伝えられるスキルがあえば、「告知」はドクターじゃなくても、別の誰かでもいいんじゃないか、とか思っていました。 そしたら 安達先生も同じ事をおっしゃっていました。 もちろん、主治医と連携をとりながら、 ドクターよりも身近にいる専門職が伝えるほうがいい場合もあるのではないか、と。 告知は診断名を伝えたら終わりかもしれないけど 自己認知って自…

続きを読む

アメニティフォーラムin滋賀2013

ここ数年、ずっと行きたいと思いながら参加できなかったフォーラム アメニティフォーラムin滋賀 毎年 参加された方達の「熱い熱い」お土産話を羨ましく聞いていた私なのですが な~んと このたび シンポジストのご依頼を頂きました。 きゃ~~ 仕事で行けるってことですよね。 で。 ばあちゃんに相談。 なにせ、2泊3日なので。 ご依頼内容が「親の立場で相談支援についてもの申す」というお役目だったので 「親として行くなら」ってことで ばあちゃんのOKが出ました!!! というわけで 2013年のアメニティーフォーラムの2日目、土曜日の午前中に登壇します。 午後から夜にかけては、井上雅彦先生の追っかけしてると思います。 何せ、井上先生のテーマがペアトレと行動障害なので。 アメニティに参加される方は、是非声かけて下さいね~♪ <詳しくはこちらをどうぞ↓> 全国地域生活支援ネットワークのブログ http://blog.canpan.info/shien-net/archive/60 アメニティーフォーラム17・専用特設ブログ) http://amenity-forum-shiga.blogspot.jp/

続きを読む

ビンちゃんの映画を見に行こう!!!

あいちLD親の会30周年記念フォーラムのご案内です。 詳しくは↓をクリックして下さい。 katatumuri30th.pdf ディスレクシア(読字障害)のビンちゃんの映画上映もあるし 私の師匠&恩人の対談もあるので めっちゃ楽しみにしています。 まだお席はあるようですので、皆様も是非!! 会場でお会いしましょう。 そうそう。 ディスレクシアと言えばトム・クルーズが有名ですが 先日、スピルバーグ監督が5年前にディスレクシアと診断されていたことを公表されたそうです。 (アスペルガー症候群であることは既に公表されていました。) 【スピルバーグ、学習障害を告白】 天才と呼ばれる方がアスペルガー症候群やLDなどの発達障害だとカミングアウトして下さるのはとても心強いですよね。

続きを読む

緊急告知:ビジョントレーニングの研修案内です

オススメの研修会です。 行ける方は是非どうぞ♪ 刈谷駅から直通の(雨でも濡れない!!)めっちゃ新しい会場です。 <追記> 18日に定員に達したとのことです。 みなさま、良い学びを!!! 【緊急告知!研修会のご案内です!】 9月22日(土)に、長崎県時津町立時津北小学校の増本利信先生をお招きして、研修会をします。 増本先生は、感覚統合、ビジョントレーニングに造詣が深く、小学校の通常学級や特別支援学級での実践が豊富な方です。感覚統合やビジョントレーニングの考え方だけでなく、明日から取り組める具体的な支援について、学ぶことができます。ぜひ、ご参加ください! 「子どもたちの理解とよりよい支援のためにできること ~感覚統合とビジョントレーニングを切り口として~」 ☆講師:長崎県時津町立時津北小学校 教諭 増本利信先生 ☆期日:平成24年9月22日(土) ☆時間:【受付】13:00~13:30、【講演・質疑応答】13:30~16:30 ☆会場:刈谷市総合文化センター 中央生涯学習センター 403・404会議室 (住所:愛知県刈谷市若松町2-104 TEL:0566-21-7430)... ☆参加費:1000円(当日会場でお支払いください。) ☆定員:60名ほど ☆参加申し込み→お名前と所属を書いてjetbluesky0723@yahoo.co.jpまで

続きを読む

やわらかい人に

昨日は、我が姉と慕うみす姐さんと三河の障害者就労支援を変える方だと思っているダンディー小松さんのセミナーでした。 セミナーの内容については 主催であるつぼみ父親部のブログをお読み下さい。 【続・はたらくおとなにするために】 2月5日に豊川でお二人にお話し頂いたのですが その時は、なにせ運営側だったのでじっくり聞くことが出来までんでした。 なので、今回はじ~っくりどっぷり浸ってきました。 小松さんの「はたらく」をあきらめない、というメッセージ。 たくさんの親御さんや先生方に届いていたらいいなぁ。 小松さんに書いていただきました。 本人の強みを活かしてジョブマッチングし 出来るように工夫して仕事をして貰う。 出来ないことは「しなくてすむように」する。 この発想はフツーに企業でよく行われていることだと知って 勇気をもらった親御さんは多かったと思います。 角田さんは自閉症者の親であり臨床心理士でもあります。 支援の場では「親だから~」と言われ 親の集まりの中では「支援者だから~」と言われる。 そんな中で「親と支援者の間の架け橋になろう」と思われたのだそうです。 障害受容をテーマとした専門家が集まる会議で 「障害受容ってそんなにカンタンじゃないと思います。」とコメントした時のエピソードの中で 「あ~あ、この会場に親がいたのか・・という空気が流れて」と話されたのがすごくリアルでした。 私も同じような経験が何度かあります。 一部の…

続きを読む

今度の日曜日は市民プラザ4Fに行こう!!

今週の日曜日に、豊川のプリオⅡ4F(100均ダイソーの入ってる方のビル)で 豊川市障害者相談支援充実強化事業として NHK教育「きらっといきる」のパーソナリティをされている玉木幸則さんの基調講演と 「平時の安心が災害時の安全」と題したシンポジウムが開かれます。 障害のある方にとって どんな仕組みやネットワークがあったら 安心して暮らせるのか これは、私たち当事者の親にとっては永遠のテーマです。 普段の、日常の支援体制があって初めて災害時にもその仕組み活かされます。 シンポジウムではその「支援体制」を豊川でどう実現していくかを掘り下げていただけるのではないかと思います。 豊川市健康福祉部福祉課の地域福祉援護係の係長さんがシンポジストとして参加されますので、豊川市民の方は是非行かれるといいと思います。 (岡崎でもこういうのやらないかな~。私、最前列に陣取って質問もしちゃうと思う。笑) 基調講演の講師である玉木さんは障害当事者として、また一人の父親として いつも力強く「地域で暮らす」を語ってくださいます。 「人権」ってどういうことかを教えてくださいます。 是非一度、彼のお話を「生」で聞いてみてください。 豊川まで来てお話ししてくださるなんて そうそうないと思うので、是非足を運んでください。 日時:平成24年3月18日(日)午後1時~5時 場所:豊川市民プラザ(プリオⅡ4F) 参加費:無料 基調講演:午後1時15分~3時   「地域で…

続きを読む

ビジョントレーニング

今日は、本当に待ち焦がれていたセミナー、北出先生の「ビジョントレーニング」を受講してきました。 朝10時から4時半までび~~~っしり。 これまで何回か受講のチャンスがあったのに行けず 何度も涙を飲みました。 ようやくお聞きすることが出来、感激でした。 北出先生。 動画もたくさん見せて下さったので とってもわかりやすかったです。 休憩中は 本やワークブックやトレーニンググッズの売り場は大賑わい。 アセスメントの仕方 トレーニングの仕方まで とても丁寧に教えて頂きました。 もちろん きちんとしたオプトメトリストさんに検査をして貰って トレーニングプログラムを立てて貰ったり 訓練をしてもらうのが、一番いいと思います。 でも 日本では、 視機能の検査をして訓練をしてくれるところは殆どありません。 だから 北出先生は 「親が訓練しても効果がある事がわかったから、みなさんに紹介したい」と思われて 惜しみなく私たちに紹介してくださっているのです。 本当に有り難い事です。 書字や読字で苦労しているお子さんにとって 少しでもその苦労が減ったらどんなにかいいか。 今日は、ゆうの利用者さんの保護者3名とスタッフ2名と私の6名で参加しました。 だから 必ず何らかの形にしたいと思っています。 視機能訓練と感覚統合訓練が密接につながっていることも実感できたので STさんやOTさんがこのビジョントレーニングの手法を学べばお…

続きを読む

ペアレントメンター応用研修

今日は、名古屋の鶴舞で ペアレントメンターの応用研修でした。 今回のテーマは「ストレスマネジメント」 長くメンター活動をしていくためにもとっても大切なテーマだと思います。 井上雅彦先生による肩のマッサージ講座 講師陣がとっても豪華で贅沢でした。 そのせいか 北海道から沖縄まで 全国各地から参加者が集まっていました。 で ふと考えたら この本の編者が全員勢揃いしていたのです。 これはそうそうないと思ったので 既にこの本は持っていましたが 会場で再度購入し、 全員のサインを頂きました。 いろいろな気づきのあった研修でした。 メンター定例会で活かしたいと思います。 今日の朝ご飯 中華スープの鶏団子にレンコンをすって入れたらもっちもちで美味でした。 納豆はおろしポン酢で。 年齢を考えて、ヨーグルトはカルシウム配合(爆) 今日のセミナー弁当   めっちゃ豪華で美味しそうだったので 必殺(?)半分食べにしました。 まんぞく~♪ 帰宅途中で しましま師匠とお茶して愚痴を聞いて頂きました。 久々にケーキを食べたらめっちゃ美味しかったです。 ストレス発散できました!!! (昨日、めっちゃ怒れることがあってストレスてんこ盛りだったので)

続きを読む

働く大人にするために!

2月5日に豊川でミラクルに素敵な就労支援セミナーをします。 すっごく来て欲しかったお二人をお呼びします。 親御さん、先生方、保育士さん、施設職員さんなど どなたにも役立つ内容です。 お二人ともめっちゃ元気になるお話をしてくださると思います♪ 是非来て下さい~~~~。 ◇豊川市発達支援アドバイザー事業◇就労支援セミナー◇ ~働く大人にするために~ 日にち☆平成24年2月5日(日) 時間☆13:00~16:40(開場12:30~) 場所☆音羽文化ホール(ウィンディアホール) 参加費☆無料 定員☆300名 主催:豊川市  企画・運営:NPO法人ゆう お申込み:①お名前②連絡先③手話・要約筆記の要否を記入してFaxにて        Fax 0533-65-8326          豊川市内在住の方は1/5より 市外の方は1/10より受付        先着順での受け付けとなります。 お問い合わせ:Tel:0533-65-8325  9:00~18:00 (荻野・柴田) チラシはこちらです。→hatarakuotona.pdf

続きを読む

大震災に学ぼう!!

みかわ師匠が来ます!! 愛知県じゃないけど、浜松はお隣で 名古屋より近いです。 私、絶対に行きます!!! 貴重な体験をお話し下さいます。 東海地域に住む自閉症児に関わる人達全ての人に聞いて欲しい。 講演会「大震災 自閉っこ家族のサバイバル」 ~ 子育てにかかわる全ての人に伝えたい ~ 大地震…… 大津波…… ライフラインが止まった…… そのとき、なにが起きたのか。人々は、どうしたのか。 あの日家族に起きたこと。家族はどうやって生きのびたのか。 仙台で被災した重度自閉症児の母親が語る、東日本大震災の体験談。 ●日時: 平成24年1月28日(土)  19:00~21:00 (受付は18:30~) ●場所: 浜松市地域情報センター ホール (所在地:浜松市中区中央一丁目12-7) ●託児 なし ●申込み・お問合せ NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴまで、お電話にてお申込みください。 電話 053-457-3418 (受付は、月~土曜日9:00~17:00 、12/29~1/3を除く) *締切 1月25日(水) ◎参加費・・無料 ◎定員・・100人 ■主催:NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴ ■共催:浜松市社会福祉協議会 ■後援:静岡県子育て支援課、浜松市、静岡新聞社・静岡放送、中日新聞東海本社、FM Haro!、ケーブル・ウィンディ

続きを読む

ピラミッド教育アプローチのワークショップ

ピラミッド教育ジャパンの今本先生から 名古屋で開催されるピラミッド教育アプローチのワークショップのご案内を頂きました。 ベーシック2Daysを受講していなくてもOKのワークショップです。 チラシ→名古屋1112(PA+問題行動).doc 開催日を見たら12月23~25日 ・・・・ 「せんせい。クリスマスもお仕事ですかっっ」とお聞きしたら 「うちは仏教ですから。年末年始は休みますよ」と。 な・・なるほど。 みなさま。 今本先生とクリスマスをすごしましょぉ~~~~(ちがうか・・) ちなみに 1月7~8日も名古屋でベーシックワークショップ(2Days)があります。 この機会に是非♪

続きを読む

愛知J☆sKep研究会

昨日は、愛知J☆sKep研究会の定例会でした。 ちょうど1年前の11月からスタートしたこの研究会。 こうくんの通う養護学校のS先生が主催されています。 S先生は 久里浜養護学校で3年修行(?)されて戻ってきて その年にこうくんの担任をしてくださった方です。 私が写真カード100枚を処分するきっかけを作って下さった恩人でもあります。 その先生の主催される研究会だったので、すごく参加したかったのに 全く予定が合わず、何と2年目に入った今回が初参加でした。 1年越しに参加が叶い、わくわくのワタクシ。 一番前の席に陣取ったら 「こうまま、今日はやる気マンマンですね!」とメンター仲間にちゃかされ。 冒頭でS先生が ICFの理念にも通じる内容を話して下さったので 何か感動しました。 昨日は、J☆sKepが作られた経緯や背景などもお話ししてくださったので ほ~、そうだったのか~ って感じでした。 J☆sKepは 独立行政法人国立特別支援教育総合研究所が2006年頃に提案した自閉症のある人の実態把握のための評価表だと理解していましたが S先生のお話を伺って、かなり柔軟で実践に役立つ内容だと感じました。 「自閉症の人とその家族を支える」視点が強いので 私達保護者にもわかりやすい内容になっているのがすごくイイです。 実際 うちの母子通園でも、このJ☆sKepでお子さんの評価をして、 親御さんにそれを見せながらお子さんの様子を確認する…

続きを読む

やっぱ「ウソ」でした・・・

本日、名古屋で奥田健次先生の講演会とパネル。 ゆうのメンターさん4人と一緒に参加しました。 中区役所の地下ホール。 初めて行きました。 450人の参加者。 しかも、 県内の有名どころ、お歴々がいっぱい!! 知り合いやお世話になった方々も多数参加されていたので 恥ずかしいやら嬉しいやら。 そんな中 「あ、○○先生だ。ご挨拶しなきゃ」と思って会釈したら「?」のお顔。 「お久しぶりです。こうままです」と言ったら 「や~だ~。ちょっと丸くなったんじゃない?」 「はい。人生最高体重更新中です!!」 先日 ブログの写真で一発で私だとわかって下さった初対面の方がいたので 「ウソじゃないぞ」とフォンに反論した私でしたが やはり、フォンの言う通り「ウソ」のようです・・・・ やっぱ 痩せんとアカンかも。 ウソはイカンもんね。 (写真を差し替える気はないらしい・・・爆) ◇業務連絡◇ 本日のセミナーに参加したゆうのメンターさんへ セミナーのレポートは感想ではなく 自分の子どもの困った行動を 奥田先生のレジュメにあったストラテジーシートに記入して 代替行動考えて、それを実践して1週間分記録する ってのにします。 来週のメンター定例会の時にストラテジーシートをみんなで検討しあって それから実践いたしましょ~。

続きを読む