2014年10月19日

ミッションin名古屋

先週火曜日に、名古屋の東山動物園近くの「さわらび園」で開催されたボランティアスクールの講師をしてきました。
さわらび園はこのギョーカイ(?)で老舗中の老舗である社会福祉法人「あさみどりの会」が運営する事業所です。

今回の講師依頼を頂いた時、正直悩みました。
平日の18時45分スタートで終わりは21時という設定だったので、帰宅が23時を回るからです。
フツーの主婦が平日の夜中11時過ぎ帰宅って、やっぱ、だめでしょ。
でも、あさみどりの会といえば、この道のパイオニアです。
とても断れないし~~~。
結局、ばあちゃんに泣きついて、許可をもらいました。

私は結婚前は本郷、結婚後は池下で働いていたので、地下鉄東山沿線は結構馴染みがあります。
久しぶり~、なつかし~って思いながら気持ちよくお仕事させていただきました。
学生ボラさんがいっぱい参加して下さっていました。

ふと
リーフレットを見ると・・・

児童発達支援センター「さわらび園」
 障害児通所支援
  ・児童発達支援
  ・放課後等ディサービス
  ・保育所等訪問支援
 障害児相談支援

さわらび園も「児童発達支援センター」なんですね。

豊川は「児童発達支援センター」についてまだ具体的に進んでいないらしいので、他市がとっても羨ましいです。
posted by こうまま at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

ミッションin東京

大型台風接近の不安の中
5時おきで朝一の新幹線に乗って東京へ。
午前中は、調布市にある社会福祉法人「新の会」さんの職員研修。
 新の会 ホームページ
 新の会 Facebook
「調布」って「田園調布」とは違うんだって今日初めて知りました(爆)
8年前に親御さんたちが立ち上げた法人ですが、生活介護と継続Bで50名という結構な大所帯。
今回の研修、自法人のスタッフだけでなく、近隣の事業所スタッフも参加OKとされていたのがいいな~と思いました。
行動援護授業者研修も年3回開催されていました。
ゆうと考え方が似てるかも!!

choufu-1.jpg
研修は「疑似体験から支援を考える」
2時間だったので、グループワークの時間が殆どとれませんでしたが
みなさん、とても積極的に参加して下さいました。

choufu-2.jpg
今日の研修
企画された相談支援の担当の方に
「利用者さんの思いに寄り添ったあったか支援」と評していただきました。
これは嬉しいです。
伝わってるなって思いました。

午後はぶどう社さんとの打ち合わせでしたが
台風も迫っていたので、ランチしながらにしていただきました。
やっぱり、直接会ってお話しするのって大事だな~。
それにしても「編集」というのは、めっちゃクリエイティブでオモシロイお仕事なんだなってようやくわかってきました。
少しずつ本の形が見えてきたような気がしています。
がんばろ♪

東京での2つのミッションを完了し
当初の予定より1本早い新幹線に乗りました。
帰宅したら、名鉄豊橋~伊奈間が止まっていたので、ギリギリでした。
繰り上げて良かった~。
このまま速攻で過ぎ去って欲しいと思います。
みなさまも、どうかお気を付けて!!!
posted by こうまま at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

余暇を広げる

本日、月に1回のスタッフ全体研修。
yoka-3.jpg

今日のお題は「余暇アセスメント」
「余暇」ってとっても重要だけどムズカシイ。
私もこうくんのためにずっと取り組んできたけど、なかなかうまく広げてあげることができていません。
今も、めっちゃ課題です。

yoka-1.jpg
今日のとよっちは冴えまくっていて、後光がさしてました。
導入がものすごくわかりやすくて、もう、うっとりな内容。
多分、私がこれまで受けた余暇アセスメントの研修の中で一番納得のいく説明でした。
このレベルの研修が自法人で受けられるって、めっちゃ幸せなことだと思います。
あまりにもいい内容だったので、研修が終わるまで我慢できず、研修中に「狭くて深いフォンの趣味」を広げるべく、支援計画を立ててしまった私です。
こうくんのは、ゆっくり考えます。

yoka-2.jpg yoka-5.jpg
実演やワークはいつも通り安定感のあるとよっち節。
スタッフにとって、すごく勉強になったと思います。
私も今日はとっても勉強になりました。
(8月の「コミュニケーション」は難しくてさっぱりわからなかったけど。)

yoka-4.jpg
ただ今育休中で来年4月復帰予定のNAOさんも6ヶ月の息子さんと一緒に参加。
とってもよゐこでした♪
復帰したときに浦島太郎にならないように、育休中にも勉強に来てくれるってホント有り難いな~って思います。
posted by こうまま at 19:53| Comment(3) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

困ってたんだ!!

前期「おうちでできる構造化」8回が終了しました。
最終回は、参加者の実践発表。

ouchik-5.jpg
「うちの子は言えばわかると思ってたから、今まで全部口で言ってきて、できないと叱ってしまっていたけど、実はわからなくて困っていたんだってことが、やってみてわかった。これからは、バンバン構造化してにこにこ親子を目指します!」とのこと。
良かったね~♪
わかって動く自信に満ちた姿を見て初めて気付く。
私も気付いたのはこうくん小学5年生の頃でした。
構造化を取り入れるのに遅すぎることはない、と思っています。

ouchik-8.jpg
「大好きな「非常口」のマークを付けたら、マークを探して上手に前後裏表を間違えずに服が着られるようになりました!」
やっぱ、「好き」は強いですね!!

ouchik-9.jpg
ご褒美の1お菓子が金庫の中!!(笑)
カギを空けるのが好きなお子さんなので、タスクが終わると母に報告してカギをもらい、自分でカギを開けてお菓子をゲット。
いいシステムですよね。

ouchik-1.jpg ouchik-4.jpg
「切るときどこを持つかわからなくて危なっかしかったけど、「●」を付けて「●を持って切る」って書いたら何とできちゃった。
今まで口でいくら言っても出来なかったのに!!
言えばわかると思ってたけど、見た方がわかる子だったんだ!!って、これをやってみてわかった」
スケジュールも本人がチェックしていく形でうまく機能しています。
「見てわかる」大事ですよね。

ouchik-6.jpg
「今までは通園でやってるのと同じ課題をただ何となくやてったけど、今回、娘にピッタリのものを考えて作ってみたら、やっぱりその方がうまくいくってわかった」
そうそう。
ピントを合わせていくような作業がとっても楽しいですよね。

ouchik-3.jpg
8回、お疲れ様でした!
お家でたくさん工夫して、お子さんと笑顔で楽しく暮らしていこうね!!



posted by こうまま at 18:05| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

ステキな実践♪

今日は、午前中は東三河ヤクルトの保育ルームにお邪魔しました。
yaku-1.jpg yaku-2.jpg
東三河ヤクルトさんには9つの託児室があるそうです。すごいですね~。
0才~就園前のお子さんをあずかっていて、近年発達障害のあるお子さんも増えているとのこと。
ほどよく刺激が統制された空間で、とても落ち着いて過ごせていました。

ysku-3.jpg
7月に社長さんがゆうにお越しになり、安心して働ける環境作りの一環として、発達障害のあるお子さんへの対応も考えて行きたいとおっしゃって下さったので、訪問支援が実現しました。
そんな風に考えて下さる社長さんがいるなんて!!!と、とっても感動しました。

もう、乳酸飲料はヤクルトしか買いませんともっっ!!(断言)

午後は、みあい特別支援学校へ。
愛知県自閉症協会プロジェクト部(教育班)として、花島さんとスクールカウンセラーの成田さんと私の3人で伺いました。
miai-1.jpg
ご案内下さった河原教頭先生。

教頭先生は「教員はどうしても出来ないことを教えたくなってしまうし、経験とカンの職人技を使いたくなる人種なので、チームアプローチが苦手なんです。そこが大きな課題」とおっしゃっておられましたが、見せていただいた小学部の授業は見事なチームプレーで展開されていました。
miai-2.jpg miai-3.jpg
小学部には、そこらじゅうに、こういったわかりやすい工夫がいっぱい!!
学びの保障がされている環境の中、生徒さんたちがとても落ち着いていらっしゃいました。
一貫した支援のためのシステム作りをされていて、それを「みあいスタンダード」と言うのだそうです。ステキ~。

miai-5.jpg miai-6.jpg
教室内はわかりやすく構造化されていて、個別の場所と小集団の場所とがきっちり分かれていました。
カームダウンエリアもありました。
これは、新設校ならではの「広さ」もあるから出来ることでもあるなぁと思いつつ
きちんと学ばれた先生たちがチームで取り組むと、こんなにステキな実践が出来るんだなぁと・・・。
お話しを伺って、教室や指導風景を見せていただいて、
科学的に根拠のある指導方法をちゃんと学ばれた先生がSVされていることも大きいんだろうな、と感じました。

教頭先生が「やってみたらやはり効果がある。それを周囲に見せていきながら中学部や高等部にも広めていきたい」とおっっしゃっていましたが、本当にそうだなぁと思います。
この実践が、愛知県全体の学校にも広がって欲しいです。

お隣にこんなステキな実践をされている学校があるのは、とても頼もしいことだと感じました。
先日お邪魔した安城特別支援学校のシンポジウムでも「熱」を感じましたが、ここみあい養護学校にも「熱い」先生方がおられるのだと思います。

みあい特別支援学校「小学部」の見学、お薦めです!!

miai-7.jpg
自作のパーテーションについて熱く語る教頭先生。
材料費500円程度でこのクオリティはホントにスゴイと思います。
「退職したらコレ作って売ろうかと思って」とおっしゃってましたが、私買います!!!

posted by こうまま at 20:25| Comment(6) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

北海道に行ってきたのだ~

木曜日は蒲郡で午前中は生活介護事業所でコンサルテーションで、午後は通園施設の職員さん向け研修。
豊川に戻って、夕方から保育園で研修。
kozakai-2.jpg kozakai-1.jpg
保育士さんたち
グループワークも積極的に取り組んでくださいました。

金曜日は、釧路へ。
ゼペットの会さん主催のセミナーのために前日入り。
北海道は学生時代以来だからほぼ30年ぶり2回目。
2時に釧路空港に着いたのですが、贅沢なことに、空港からそのまま、摩周湖を案内していただきました。
mashu-1s.jpg mashu-2s.jpg

霧一つない快晴の摩周湖。
ラッキーでした。
mashu-3s.JPG mashu-4s.JPG
まさに、ほっかいど~って感じの景色に感動♪
途中の風景が、何か、アメリカの田舎町の雰囲気に似ていました。
平らな土地を贅沢に使ってるな~って感じで。

翌日の講演
kushiro8s.JPG
釧路市主催の相談支援関連のセミナーがあったり、釧路市内の多くの小中学校で行事があったりしたにもかかわらず、主催の方達がとても広報を頑張って下さって、90名以上の方が参加して下さいました。
釧路市内だけでなく、中標津・帯広・十勝・標茶・弟子屈など広範囲からお越し下さっていてビックリ。

kushiro9s.JPG kushiro7s.JPG
2時間、精一杯お伝えできたと思います。

kushiro-1s.jpg
私を北海道に呼んで下さった玄ママさんと。
釧路の魅力をいっぱい紹介して下さいました。

空港のお土産物さんで・・・
kushiro-2s.jpg
トドカレー!!!
のだめファンたるもの、これを見逃すはずはありません。
熊カレー・鹿カレー・トドカレーとありましたが
やはり、ここはトドですよね!!

15時の飛行機で羽田へ。
約24時間の滞在でしたが
たっぷり釧路を堪能させていただきました。

さて。
明日は
フォンの成人式の写真撮影。
うまく撮れるといいな~。
posted by こうまま at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

よみがえる型はめパズル

katahame9-2.jpg
こう父
ここの所
ひまわり園からのオーダーで
型はめパズルを切りまくっております。

今回のこの板を見て
katahame9-1.jpg
「ワシへの挑戦か?ここ、ここんとこ。どうしろって言うんじゃ~」と。

katahame9-3.jpg
でも、見事にキレイに切ってくれました。

はめるピースが多いと出来ないお子さんも
1コ2コだったら出来るから
今まで眠っていた型はめパズルがどんどんよみがえっています。

丸ノコのある我が家で良かったわ~
器用なこう父のいる我が家で良かったわ~
posted by こうまま at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

やっぱ、学ぶのは楽しい!!

本日、ゆうの学習会が同じ会場で2つ!!!
kouzou14-k2.jpg kouzou14-k3.jpg
SAYOちゃん担当の「ねぇねぇ聞いて!」は、名古屋でビジョントレーニングをしてくださっている近藤メガネの近藤正徳先生をお招きしてのゴーカな学習会。
親御さんだけでなく、事業所のスタッフさんやSTさんも参加されていました。
私も是非とも出たかったのですが、1つお隣のお部屋で私担当の「おうちで出来る構造化」の第6回だったので、泣く泣く断念。
kondou-1.jpg
学習会終了後に、とよっちも合流して意見交換などさせて頂きました。
名古屋まではなかなかトレーニングに通えないという親御さんも多いので、ゆうで何かお手伝い出来ることはないかな~と。
とてもニーズの高い分野なので、考えて行きたいと思っています。

で、本日の「おうちでできる構造化」第6回。
夏休みに頑張って取り組んだことの発表です!!
kouzou14-k8.JPG kouzou14-k1.jpg
「いろいろやったけど、結局シンプルなのが一番わかりやすかったみたい。」
「うちの子にはスケジュールは無理だと思っていたのに、こんなにラクになるなんて!!」

kouzou14-k4.jpg kouzou14-k6.jpg
「すぐ飽きちゃうから、いろいろ工夫しています。すごくよく見てくれます。」
「今まで教わったことをいっぱい活かしたら、うまくいきました。」

kouzou14-k5.jpg kouzou14-k7.JPG
「これを作ったら、保育園の帰りに泣かなくなってビックリ!!すごくラクになりました。」
「学校での取り組みを活かしてみたら、結構うまくいきました。」

などなどなど・・・
たくさんの笑顔がみられて、ステキな時間になりました。
やっぱ、この学習会はいいなぁぁぁ~~~~。
posted by こうまま at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

時間は作るもの

今日は、T保育園でパートの保育士さん向けの研修。
tama-1.JPG tame-3.JPG
12時スタートという無茶な設定で自由参加にもかかわらず、早朝担当のパートさんや延長担当のパートさんも参加して下さって、園長先生もビックリ!!の参加数。
職員室がぎゅうぎゅう。

tame-4.JPG
前半はHちゃんのフシギな行動を氷山モデルをつかって解説し、特性に配慮して強みを活かした具体的な手立てを考えて行く過程を一緒にシミュレーションしていきました。
よく知っているHちゃんのことだから、みなさん真剣に考えて下さいました。
スタッフ間で対応を検討し共有出来るシートを使いながらやったので、現場で活用して頂けるといいなぁと思います。

tame-2.JPG
後半は、目と手の協応が苦手なK君の立場になってみようということで、疑似体験をしていただきました。
主任先生にモデルになって頂き、声のかけ方によって受け止め方が全然ちがうことも体験して頂きました。

明るく元気に声かけすればOKなわけじゃない。
本人の立場になって考えることが大事。
そんな感想を頂きました。

今回、この研修をするにあたり、何とかパートさんが参加出来る時間を作れないかと園長先生や主任園生が知恵を絞り、「この日の12時から13時半ならなんとかなるかも!」と言って下さり、実現しました。
その時間は、常勤職員さんがみんなで協力して頑張る!と言うことですよね。
時間取れないから無理、と思うのではなく、何とか作れないか?と前向きに考えて調整して下さったことに本当に感謝です。
そして、その思いに答えて参加して下さったパートさんたちもスゴイと思いました。
だって、一度家に帰って再度来て下さったり、研修後一度家に帰って3時半に出勤されるパートさんもいたのです。
みなさん、日々悩まれていたことが感想からも伝わってきました。
1日に保育士さんが何回か交代するなかでの一貫した対応って、すごく難しいことです。
でも、発達に課題のあるお子さんにとっては必要な事です。
どうすれば一貫した対応が出来るかを具体的に提案し、現場で出来る範囲で取り入れて頂けるようお願いして行くのが私のお役目。
身の引き締まる思いがしました。

私は私に出来ることを一つずつ丁寧に精一杯していこうと、再確認した時間でした。
この時間を捻出して下さったT保育園さんに感謝です。
ありがとうございました。
posted by こうまま at 17:39| Comment(4) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

息つく暇もなく・・・

今日は午前中に小学校、午後から保育園へ訪問でした。

小学校では、教室がすっかり模様替えされていました。
ushi-1.jpg
いくつかの意味のある島ができていました。

先生の話を聞く島
一人で取り組む島
みんなで活動する島

わかる島が出来ると、活動しやすいと思います。
新学期が楽しみです。
不具合を微調整しつつ、
お子さんが学びやすいお教室になるといいなぁと思います。

保育園では
担当の先生が記録して下さった課題分析シートを元に、作戦を練りました。
出来ることを活かして、楽しく運動会に参加出来るといいなぁぁぁ~。

訪問支援
メチャクチャ忙しいです。
posted by こうまま at 23:45| Comment(4) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

新城市保育士療育研修

今年も始まりました。
新城保育士研修。
丸1日の研修を3日間なので、とっても疲れる研修なのですが、
本気の行政マンの勢いに負けて(?)、毎年頑張ってお受けしております。

新城の保育園がこども園になるにあたってはじまったこの研修、すっかり恒例になっております。
「各園に研修受講生が2人はいるようにしたい」というのがこども未来課さんの計画らしく、毎年、市内の保育園から選抜された10名がこの療育研修を受講されています。

shinnshiroH14-1.jpg
初日の今日は、午前中にペアトレの講義、午後にABC分析の講義とストラテジーシートを使ったワーク。
ストラテジーシートを現場でのカンファレンスで活かせることを目標にしているので、3事例をシートに書きながらじっくり話し合って頂きました。
各園に戻って活かしていただけるといいな~と思います。

posted by こうまま at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

訪問はまだまだ続く・・・

今日も元気に市内の公立保育園に訪問。
訪問は、sayoちゃんと行く事が多いのですが、
sayoちゃんは生まれも育ちも豊川なので、私が知らない道をいっぱい知っています。
今日も、私だったら絶対に走れない&記憶できないような道をダイタンに走り抜けていました。
訪問支援は市内中を走りまくるので、sayoちゃんのこの能力のおかげで効率良く訪問することが出来ています。
多謝!!!

今日のお子さんは、達成感がなかなか持ちづらくモチベーションが上がらない状態が続いていたので、担当の先生に課題分析して自立にもっていく方法を提案してみました。
そしたら、すごく前向きに捉えて下さって、シートの書き方が分からなかったら電話してもいいか?とか積極的に質問して下さったので、とっても嬉しかったです。

まずはやってみる。
で、うまくいかなかったら一緒に考える。
そんな流れが出来ていくといいなぁぁぁぁ~。

この地域の保育士さんは、本当に前向きでステキな方が多いです。
「まずやってみる」という文化があります。
「できない言い訳を考える」文化はありません。
だから、きっと、変わっていく。
そんな予感がします。

posted by こうまま at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

保育所等訪問支援、増えるといいな~。

今日は市内の公立保育園に訪問。
加配担当の若くて可愛い先生がK君のために作ったリマインダーや手順書を、あーでもない、こーでもないと、ディスカッションしながら構造化のお手伝い。
K君は記憶の特性のあるお子さんなので、便利に使えるようになって「ボク、大丈夫!」が増えるといいな~と思います。

保育所等訪問支援の良さは、個別給付であることと継続性だと思います。
定期的に訪問して個別対応ができるので、提案してお子さんに試してもらって、その後のフォローがちゃんとできるのがいいんですよね。
本当に、私やとよっちが待ち焦がれていたサービス類型です。
なので、出来た瞬間すぐにやると決めて、でも、児発管がいないと出来ないので私が速攻でとって(苦笑)はじめた訳ですが、全国的にはあまり広がっていないようです。
先日出た厚労省の障がい児支援のありかた検討会の報告書に寄ると、今年の1月時点で事業者数は247で利用者数はまだ1200人くらいとのこと。
ってことは、1つの県でやってるのは5事業所くらいで、しかも利用者は1事業所平均4~5名くらい?
めっちゃ少なっっっ。

すごく有意義だしニーズもある事業だと思うので、1市に絶対1つはあったほうがいいって思います。
ってか
じょいんは5月にはじめたばかりですが、もう、希望者が30を超えてしまってパンク状態です。
1市に1つじゃ足りないっっっ。

発達に凸凹があっても、保育園や幼稚園で適切な配慮を受けながら地域で育っていく子どもがどんどん増えるといいなぁぁぁ~~~。
そのためにも、保育所等訪問支援は地域にとって重要な事業だと思っています。

事業所が増えないのは報酬単価の低さにも原因があるかと思いますが、利用者が増えないのは、聞くところによると、受け入れ側に拒否感があり、訪問自体がムズカシイという地域もあるようです。
そう考えると、豊川市は理解のある保育園や幼稚園が多く、個別支援会議も開ける環境にあることはとても幸せなことだと思います。
この環境を当たり前と思うことなく、園の運営のお邪魔にならないよう、ご迷惑おかけしないよう十分気をつけつつ、みんなが笑顔になる提案ができるように頑張りたいと思います。

posted by こうまま at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

恒例:小牧市夏季教職員研修

今日は朝のこうくんの送りをばあちゃんにお願いして、小牧へ。
今年で6回目になる小牧市夏季教職員研修。
実は、何回目か分からず、さっき調べました(爆)
どうやら、21年度からお伺いしていたようです。→【小牧市教職員研修】

こんなに充実した夏季教職員研修を毎年行っている市町って他にあるんでしょうか?
愛知県内では見当たらないように思うのですが・・・(あったら、すみません。)

私は、今年は「ペアレントトレーニング」をやりました。
komaki26-1.jpg
参加者110名だったので、ワークをどうやってやろうかちょっと考えちゃいましたが、何とかなりました。
みなさん、この講座を「選んで」受けて下さっているのでとても積極的に参加して頂けました。
押しつけじゃないこういう形の教員研修っていいですよね~。

研修後、速攻で高速に乗って本部に戻り、明日の個別支援会議のための作戦会議。
とよっちのアドバイスが難しくて、脳みそが解けそうでした。(保護者と先生にいかにわかりやすくお伝えして共有するかが私のお仕事なので・・・。)
まだまだ、修行が足りないなぁぁぁ・・・。

posted by こうまま at 20:02| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

夏休みも忙しい~

昨日は午前中に公立保育園へ訪問をして、お昼から私立幼稚園で個別支援会議。
療育施設に並行通園しているお子さんだったので、その通園施設の現場責任者さんにも同席して頂きました。

お教室に会議が出来るように机と椅子が設定して下さってあり、園長先生も参加して下さいました。
親御さんと担任と園長と通園の責任者とじょいん(訪問支援)で、とってもいい感じに課題の共有が出来、個別支援計画も出来上がりました。
園長先生に「こんな風にみんなが一堂に会しての話合いは初めてだったが、とても良かった。」と言っていただけ、
担任の先生には「頭の中が整理できた。日々の支援に活かせそう。今後もよろしくお願いします。」と言って頂けました。
初めての幼稚園での支援会議でとっても緊張しましたが、何とかお役目を果たせて良かった~。

実はこの日は午前帰りの日。
他の先生がお子さんと小学生のお兄ちゃんを別教室で見ていて下さいました。
公立保育園でも、園長先生が先生たちの配置を考えてくださって、協力し合って時間を作って下さっています。
こういった配慮がなければとても幼稚園や保育園で支援会議などできません。
ご配慮頂いていることに感謝し、その分、支援会議の中身を充実させねば!!と思います。

で。
夕方からは名古屋でつぼみプロジェクト部「教育班」主催の情報交換会。
名古屋市の教職員研修を終えられた阿部利彦先生(いいところ応援計画・ぶどう社)を囲んで、あれこれ教えて頂きました。
教育班の花島さん、がっちり学べたかな?
abe-2.jpg

そしてそして
ワタクシは、なななな~~~んと
abe-1.jpg
すごく見たかった「発達障害の子どもたち~自立をめざして~」のDVD3巻セットを頂いてしまいましたっっっ!!!
監修者の阿部先生に頂けるなんて(しかも手渡し!!)、な~~んて光栄なことでしょう!!
700セットしか作ってなくて、もう配布用は「ない」というレアなDVD.
ばっちり活用させて頂きます。
あちこちで機会がある事に上映会しますので、みんなで見ましょうね!!!

ちなみに、このDVD,無料貸し出しもされているので、見たい方はこちらへどうぞ。→ NHK厚生文化事業団 )

posted by こうまま at 18:12| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

ユニバーサルほいくえん♪

5月から始まった保育所等訪問支援「じょいん」
7月は個別支援会議が8回も入っていて、さすがに脳みそがパンクしそうでした。
でも、課題を整理して、親御さんと園の先生方と共有するのはめっちゃ大事なので、必死に頑張って準備して会議に臨みました。
(こんなに頭使ったのは久しぶりかもってくらい今月は頑張ったわっっっ。)

訪問支援というのは、訪問するのがお仕事ではないと私は思っているので、訪問している時間以外の方がいっぱい仕事があります。
例えば
最初に園に訪問してお子さんの様子を見させて頂いた後、
課題を整理して分析して支援の方向性を考えていくという大作業があります。

shienkeikaku-1s.JPG
この作業は「必ず複数でやる」と私は勝手に決めているので(偏るから)、時間の調整が大変です。
以前通っていたひまわり園や今並行して通っている単独通園のスタッフからも聞き取りをして
時には言語訓練の先生や児童精神科のドクターのご意見を伺うこともあります。
その上で、うんうん唸りながら(マジです)個別支援計画を作っています。

そして、そして。
sakusen-1s.JPG sakusen-2.JPG
何ともラッキーなことに
うちの法人には愛知県のサビ管研修講師のとよっちがいるので
出来上がった個別支援計画を真ん中にして、ディスカッションしながら
ばっちり赤ペンを入れてもらっています。
これは、本当に贅沢なことだと思います。
とっても勉強になります。

shienkaigi-1s.JPG
そうやって出来上がった課題の整理票と個別支援計画案を携えて、園にお邪魔して支援会議を行っているのです。

で。
今日伺った保育園。
本当に1人1人のニーズに合わせた支援をしてくださっています。
昨年ひまわり園に通っていた子たちが保育園でのびのびと過ごしている姿を見ると、本当に感動します。
ここが公立の保育園???と思うくらいの丁寧な対応で、うっとりします。

「みんなと同じじゃなくてもいい」が保障されている空間。
きっと、この保育園で育つ子どもたちは
この先「変わった行動をする子」や「一緒に同じ事をするのは難しい子」に出会っても、当たり前に受け入れていくんだろうなと感じる。
みんな、とっても優しい。
だから
発達に凸凹がある子どもを通わせているお母さん方も、本当に園や先生方や他の子どもたちに感謝していて、とってもステキな空間になっている。
今日の支援会議もお母さんも先生もみんなにこにこだった。

こういう園が増えていくといいなぁぁぁぁ・・・
そうなると
「じょいん」はお役ご免になっちゃうんだけどね~(爆)

posted by こうまま at 20:33| Comment(4) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

有楽町マリオン

昨日は、鉄道弘済会主催の第51回社会福祉セミナー。
選択講座のパネリストでした。
「第51回」というのがスゴイ。
私が生まれる前からやってる歴史あるセミナーってことですよね。

今年のテーマは
変容する家族と社会福祉~支援戦略のパラダイム転換~

何か、難しくて良くわかりませんが
家族支援がテーマなので、私が呼ばれたのかな?

会場は有楽町マリオンの朝日ホール。
初めて行きました。
あの、ゴジラがぶっ壊していたマリオンビルか~
と思ってしまった私なのでした。

いつも写真を撮るのに、気後れしてしまって今回は1枚も撮れず。
ははは・・・(苦笑)
よく考えたら、千葉や川崎は何度か伺ったことがあるのですが、東京でお話しさせて頂くのはお初でした。

3時間があっという間。
会場からの質問もいっぱい頂いて
同じパネリストの方に「負けていられないな~(笑)」とか言われたりして
何とかお役目は果たせたかなと思います。

今回
強度行動障害研究でも有名な鉄道弘済会からのご依頼で、かなり戸惑いましたが、恩返しするみたいな気持ちでお受けしました。
それにしても
弘済会に知り合いなど全くいないのに
一体どなたが推薦して下さったのか・・・
いまだナゾです。

セミナー後はぶどう社さんと打ち合わせ。
今度こそ、絶対に、書くのだぁぁぁぁぁ~~~(宣言っっっ)
posted by こうまま at 10:45| Comment(2) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

福祉のおしごとフェア

昨日は豊橋で開催された福祉のおしごとフェアに参加してきました。

hukushiO-1.jpg
初めて参加した時は、何をどうしていいのやら・・・でしたが
今年は事務局ノリ姐とまるちゃんが、ばっちり準備してくれました。

hukushiO-2.jpg
理事長とよっちが行動援護従業者研修2日目の講師のため不在の中
SAYOちゃんとノリ姐の3人でがんばりました!!

今年は好景気を反映してか、新卒来場者が激減し、出展企業ブースは倍増という会場。
でも
ゆうのブースには過去最高(と言っても3回目ですが。笑)の方が説明を聞きに来てくれました!
熱意のある若者が入社してくれると良いな~。

募集は新卒者に限定していません。
今すぐ働きたい方も募集中です。
常勤
 勤務時間:月~金 ①8時半~17時半 ②9時~18時
 勤務地:豊川市内
 資格:保育士・介護福祉士・社会福祉士・臨床心理士・言語聴覚士・児童指導員 等
 待遇:月額16万5千~24万程度 4週8休 社会保険完備

非常勤
 勤務時間:月~金 ①9時~15時 ②13時~18時
 勤務地:豊川市内
 資格:高卒以上
 待遇:時給800円~1000円

登録ヘルパー
 勤務時間:夕方3時以降と土日に働ける方
 資格:介護職員初任者研修(ヘルパー2級)
 待遇:時給1000円~ 
 (★仕事の移動に使える自家用車をお持ちの方)

興味のある方はまずはお電話下さい。0533-65-8325(柴田)
電話連絡後、履歴書送付をお願いしています。


また、ひまわり園では夏休みの託児ボランティアさんを熱烈大募集中です!!
通園児のきょうだい児さんの託児です。
 対象児:0歳~5歳
 時間:①9時半~12時(月~金) ②13時半~15時半(火~金)
 期間:7月22日~8月31日
とっても困ってます。
お手伝い頂ける方は、ひまわり園0533-88-7281(彦坂・落合)までお願いします!!!


posted by こうまま at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

保育所等訪問支援「じょいん」始動しています!!

今日は午前中は保育園、午後は小学校の特別支援級へ訪問。

今日の保育園にはひまわり園やとことこの卒園児さんや現在も並行通園中のお子さんがいっぱい!!
半年ぶりに会う子や、1年ぶりの子もいて
「きゃぁ~。りっぱになって・・・」と感無量。
集団の力ってスゴイなぁと感じます。
先月の訪問時より確実に成長してる対象児さんの姿にも、感動。

あちこちに、わかりやすさがいっぱいです♪
mutu-1.jpg mutu-2.jpgmutu-3.jpg mutu-4.jpg
保育士さんって、ホントに工夫が上手。
イラストとか上手な人も多いから、手順書とかスケジュールはすぐに作れちゃう。
すてきな園が増えてるな~と感じます。
posted by こうまま at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

虐待防止の観点から

先週の日曜日は一宮で行動援護従業者研修。
19名の参加。
engoI-2s.JPG
受講生のみなさんの、吸い付くようなまなざしに圧倒されながらがんばりました。
一宮に来させてもらうようになって5年、
すごくまとまっているいい地域だな~という印象です。

そして、昨日は地元の豊川で(もう、すっかり地元か?笑)
engoT-1.JPG
本講座26名と公開講座6名の計32名の参加。
この研修は資格取得のための3日間の研修なのですが、
私が担当している1日目は、支援の考え方や自閉症の障害特性の基礎が学べる内容なので、昨年から豊川は1日目だけを公開講座にしてもらっています。

そのおかげで、昨日は
ゆうの通園児さんのご両親や
ひまわりメンターとして活躍してもらっているママや
つぼみプロジェクト部の仲間や
すでに3日間の講座を受講しているゆうのスタッフや
入所施設や児童発達支援のスタッフさんなど
自閉症のある方に関わるさまざまな方が参加してくれました。
公開講座にしてもらって、良かった~♪

特に嬉しかったのが
昨年この講座を受けていて、再度今年、公開講座を受講してくれたゆうの2年目スタッフの感想に
「昨年は流れていた話が、今年はすとんすとんと落ちていく」とあったこと。
資格取得のための講座なので、2回受けるなんて事はフツーありません。
でも、この講座は繰り返し何度でも学ぶ所がある内容で、私自身も毎回気づきがあります。

奇しくも、公開講座に参加してくれた花島さんが「20回以上やっているにもかかわらず、新鮮さを失わないその語り口」と評して下さったのですが、私自身がまさに学びながらやっている研修なので、同じスライドでも説明の仕方は年々変わってくるのですよね。
だって、この研修、本当に内容が濃くて深くて広いので・・・・。

特に、今年は、昨年の「こうくん危機(?)」を乗り切っての研修だったので、生々しかったかも~(爆)

先日の新聞記事のコピーも配布してもらって、強度行動障害支援者養成研修の説明も加えました。
強度行動障害が虐待に繋がっている現状を重く受け止め、「虐待防止の観点から」障害特性に合わせた支援を学ぶことの必要性を国がようやく認め、障害福祉に携わるスタッフの基礎研修として「強度行動障害支援者養成研修」を位置づけようとしていることは、とても素晴らしいと感じます。(教育分野でも是非お願いしたい。)
虐待防止法の施行や差別解消法成立の影響はこういうとこにもちゃんと現れてきているんだな~と思います。

engoT-2.jpg

この5年間ずっと3コマ目の最後に
8年前の佐々木正美先生の言葉をご紹介しています。
不適応行動とは・・・
彼らが起こしているのではなく、支援する側が彼らに適応できていないから起こるのです。
日本でいわゆる「強度行動障害」と呼ばれている行動を起こす人たちがいらっしゃいますが、こちらが彼らにあわせれば、当たり前ですが、不適応行動は起きないのです。


ようやく、
やっと、
国がこの考え方に向かって動き始めている。
そんなうねりを感じます。

特性を正しく理解して適切な支援をしてほしい。
「強度行動障害支援者養成研修」がその一助になることを期待しています。
(名前については、なぜ今さらこのネーミング?と思いますが。)

posted by こうまま at 11:19| Comment(6) | TrackBack(0) | こうままのお仕事 | 更新情報をチェックする