虐待防止と特性理解

今日は、岡崎で開催された障がい者虐防止講演会に行ってきました。

講演:「障がい者への虐待をなくすために」
講師:毎日新聞論説委員 野沢和弘 氏

okazaki-1s.jpg
福祉会館の講堂、ほぼ満席。
障がい者団体の役員の方や育成会の方達、相談支援専門員さんの姿も。
今回の「障害者虐防止法」の立役者のお一人でもある中根やすひろさんも来られてました。

okazaki-2.JPG
ゆうのスタッフも前列に陣取っておりました。(エライゾ!!)

野沢さんは
胸がふさがるような虐待事件のお話しをいくつもいくつも淡々とされた後で
そんな虐待をしないようにするためには
特性に配慮した対応がいるのだと、はっきり言ってくださっていました。
「応用行動分析」と「TEACCHアプローチ」の単語も出してくださって。

本当にそうだよなぁ・・・・。
先日の明石洋子さんの法人での職員研修は「虐待防止法」がテーマでした。
虐待防止法の概要を学んだ後で、私が障がい特性に配慮した具体的な支援の方法について講義とワークをさせていただきました。
ブログ記事を読んだママたちに
「なんで虐待防止法の研修でこうままが行ったの?」と聞かれたりしたんですが
「虐待しないための方法の一つ」を話に行っていたのですねぇぇぇ~~~。

「虐待はダメです!!」
だけでは、虐待は防止できない。
ダメだってことはみんな知ってるけど、どうしたらいいかわからないからしちゃうんだもん。
虐待せずにすむ方法とセットでないと防止はできない。

ってなことを
再確認できた講演会でした。

野沢さん
豊川でも新城でもお話しして下さるので
お近くの方は是非。
(ちなみに、野沢さんは最重度の知的障がいのある自閉症の息子さんがいらっしゃいます。)

"虐待防止と特性理解" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: