2013年11月05日

先輩風を吹かせない

今日は、新城市こども未来課さんからご依頼頂いた親御さん向けの研修でした。
保育士向け連続療育研修がこの間終わったばかりなんですが、こども未来課さんはホントに私をこき使って下さいます(爆)

今回は、母子通園で座談会のお手伝いをしてくれる先輩ママさんのための連続講座(5回)です。

ひまわり園でも4年前から「茶話会」に卒園児ママに入ってもらっています。
「母子通園施設の茶話会や学習会」という決まった枠の中での活動なので、卒園児ママの役割がとても明確になります。
するのは「傾聴・共感・情報提供」のみ。
アドバイスや助言は母子通園スタッフがしますので、一切しません。
在園児ママがより通園しやすくなるように、スタッフや他のママとの橋渡しをするのがお役目です。
傾聴の練習やペアトレや障害理解や言葉や身辺自立に関する研修をして、毎月定例会を開いて情報交換をしています。

このやり方だと、丁寧に在園児ママの支援ができるし、卒園児ママのフォローもできると思っています。
そのノウハウを、新城のママたちに伝授してほしいというご依頼でしたので、今日は、心構えや役割について1時間半の座学のあとで、30分のロールプレイをしました。
座学でのメインテーマは「先輩風を吹かせない」(劇爆)
でも、これが一番大事だと思っています。

そして、ロールプレイは3人ずつに分かれて「自分のことを話す」
Sm-2s.JPG Sm-1s.JPG
自分の子どもに遅れがあると気付いた時
他人に違いを指摘された時
障害があると言われた時
「あの時」に戻って、その時の思いを話します。
聞き手は聞くだけ。
見てる人は見てるだけ。
そういうロールプレイです。

母子通園の在園児ママに寄り添うためには
「あの時」に戻って思い出す作業が要ります。
これをしなかったら、母子通園の在園児ママに寄り添うことはできないと私は思っています。

でも、これは
「ようやく乾いたかさぶたをはがす作業」なんです。
とてもつらい作業ですが
目の前にいる若いママたちが前向きに自分のお子さんと向き合えるために
頑張って辛い作業をしてもらっているんです。

そういう思いでやっている活動です。
私にとって、とてもとても大切な活動です。

だから
弱っている人にアドバイスして自分の優位性や存在意義を確かめたいというタイプの人には向いていない活動だと思います。
(自己の存在意義の確認はもちろん大事だけど、別の形でやってほしいと思います。)

だから
「先輩風を吹かせない」のは、絶対条件なんです。自戒の意味も込めて。

今日の新城のお母さんたちは、とっても真剣に取り組んでくださいました。
あと4回、誠心誠意、精一杯お伝えしたいと思います。

posted by こうまま at 20:42
"先輩風を吹かせない"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。