表記を変えてもらえることになりました!!

やったぁぁぁ~~~

kahai-1.jpg

本日、子ども課の保育園担当の方とお話して
お母さんの目に触れる「保育園のしおり」や入園のてびきなどにある「障がい児保育」という表記を「個別配慮が必要なお子様の保育」に変えて頂けることになりました。
ここ数年来の案件だったので、めっちゃ嬉しいです!!!
正式な事業名は市の条例で決まっているので、変更は難しいらしいのですが、案内やちらしなどの表記については配慮して頂けるそうです。

kahai-3.jpg
豊川市の「保育園パンフレット」には「個別配慮が必要なお子様の保育」について「保育士の配置を手厚くした保育(加配保育)を行っています」と書いてあります。
なので、しおりやてびきもこの表現に統一して頂けりることになりました。

kahai-2.jpg
保育園一覧表などに多用されていた「障がい」の文字は「加配」に変更されます。

kahai-4.jpg
しおりの「障がい児保育」のところに書いてある文章もパンフレットと同じにして頂けることになりました。
下記のように変更されます。
<障がい児保育について>
障がい児保育は、心身ともに中軽度の障がいを有し、保育に欠ける3~5歳のお子さんを対象に、健常児とともに集団保育をしています。
     ↓
<個別配慮が必要なお子様の保育について>
中軽度の障がいをもつお子様や、障がいの認定や診断がない場合でも保育士が多く手を掛けた方が望ましいとかんがえられるお子様で、集団保育が可能な3歳児(年少)から5歳児(年長」が対象です。


しおりは27年度からになりますが(26年度はもう配布されているので)
手引きや一覧表などは順次変更して頂けるとのこと。

「他に『障がい児保育』と表記されているところを見つけたら又教えて下さい」とまで言って下さいました。
嬉しいぃぃぃぃ~~~。

今週末の児童発達支援合同説明会で配布される予定の資料にあった一覧表も差し替えていただけることになりました。
素速い対応に本当に感謝です。

こども課さん、ありがとうございます!!!!

"表記を変えてもらえることになりました!!" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: