コロナ禍は不自由さの擬似体験

コロナ禍はまさに不自由さの疑似体験。
私はキャラバンで軍手で折り紙をやった後
「みなさんは軍手を脱げますが、自閉症のある方は脱ぐことができません。軍手をしたまま生きていくのです」と伝えています。

当事者である乙武さんが真摯に伝えてくれています。
必読です。

"コロナ禍は不自由さの擬似体験" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: